Dragontone /石坂亥士

神楽太鼓奏者・石坂亥士のブログ

暮れる亥 -Kureru Inoshishi-にて完結!

 

2019年、亥年は、いろいろな事があった。

その締めくくりとなる、「暮れる亥-Kureru Inoshishi-」を無事に終える事ができた。

今年のラストの暮れる風景を、富士山も入れて撮ることができた。

まさに、こんな感じな即興セッションだったと思える。

夕刻から夜へと移ろいでいく情景、そんなハッキリしない空気感や色合いが、ある種即興セッションの雰囲気に似ているように思える。

f:id:dragontone:20191231205746j:image

今回も、ざくろさんの出世払いで、凄腕照明家の湯浅しんが照明を担当してくれ、この規模ではありえない超豪華版の照明となりました!

湯浅さん、どうもありがとうございます。

今回の写真は、父が撮影したものを使用。

f:id:dragontone:20191231114546j:image

何するにも気兼ねなく、とても楽しいセッションだったというのが一番の感想だろうか。
f:id:dragontone:20191231114540j:image

ざくろさんは、言う必要ないほど、いぶし銀に抜くとこ抜いて、出るとこは出る、ユニークなダンサー。

タケシくんは、絶妙な即興のバランス感覚を持った音楽家で、エレクトリックな音像を構成して、優しくエネルギッシュに会場をその音で包み込んでくれている。

f:id:dragontone:20191231114534j:image

ドラムとパーカッションの和樹とは、10年以上の付き合いで、お互いに成長をしてきて、このタイミングで、ガッチリセッションできたことがとても嬉しく、お互いが、打楽器を介して会話をする様でもあり、興奮する時間となりました。

f:id:dragontone:20191231114830j:image

甥っ子の草吉も、乱入してきて大銅鑼を!!!

いつ入ってもいいよ!と伝えてあったが、このタイミングかぁ!!!というトリッキーな間合いで入ってきたのが、意表をついて清々しく盛り上がった。

今年の亥年から、子年の草吉へ、ある種バトンを渡したような面白い時間だった。
f:id:dragontone:20191231114825j:image
f:id:dragontone:20191231114842j:image
f:id:dragontone:20191231114850j:image
f:id:dragontone:20191231115633j:image

f:id:dragontone:20191231115818j:image

f:id:dragontone:20191231120719j:image

f:id:dragontone:20191231122140j:image

このメンバーでの即興セッション、相当に楽しむことができました。

まさに、亥年の締めくくりとなったのでした!!!
f:id:dragontone:20191231120725j:image

最後は、ざくろさん動かずに終わるかとおもいきや、その後、もうひと山やってきて、あれも面白かったなぁ。

 

ご来場いただいたみなさんをはじめ、関係者のみなさんに、心より感謝いたします。

 

良いお年をお迎えください。