Dragontone /石坂亥士

神楽太鼓奏者・石坂亥士のブログ

Beyond Crona/近藤等則×石坂亥士

ここ数日は、フライヤーを配りにあちこち出かけております。

最近は、SNSやネットを介した告知が多く、小規模ならなおさらで、紙媒体のフライヤーを作るということがなくなってきている。

紙のフライヤーを作ったからと言って、効果的に人を呼べるのか!?と言うと、そうでもないのが現実だと思う。

ただ、紙に印刷されたデザインは、そこでまた、新たに命を吹き込まれるのだと感じるのである。

ここぞ!と言う時には、必ずお願いしている西原直紀くんに、今回もお願いしたのだ。

今回のフライヤーは、背景にあるのは、会場の桐生市有鄰館にそびえ立つ、御神木の様な大きな楠だ。

ざわついてる、ワクワクする感じを出してよ!と意味不明な要求をして、少々困らせてしまったかもしれないが、だいぶインパクトあるものになったのではないかな!?と思っている。

f:id:dragontone:20200711181917j:image

近藤等則(トランペッター、プロデューサー)
本場ヨーロッパ、アメリカのジャズシーンで高い評価を得ている孤高のトランペッター。日本においても映画、CM等への音楽提供、出演など多数。1984年より近藤等則IMAバンドとして天安門事件への抗議ライブ、映画『てなもんやコネクション』テーマ曲など多方面に大活躍の後、93年から活動の拠点をオランダ、アムステルダムに移す。2000年「Mt. Fuji Aid 2000」、2001年「ダライ・ラマ14世提唱 世界聖なる音楽祭・広島2001」をプロデュース。また、ライフワークとする「地球を吹く」シリーズ(NHK)では、イスラエル・ネゲブ砂漠、アンデス山脈などの大自然と対峙して入魂の演奏を続けている。現在は「FREE ELECTRO」「CHARGED(w/ビル・ラズウェル)」等の ユニットでも活動中。

f:id:dragontone:20200711181922j:image
普段は、あまり顔を合わせない方の所へフライヤーを持って、顔を出すと、告知自体も生き物の様に、じゃあ、こっち商店街の回覧で回せるよ!とか非常に嬉しく動き始める感覚がある。

f:id:dragontone:20200711183030j:image

地元ならではだが、帰ってくる時には、ジャガイモとうどんが増えていた。

こんなやり取りが嬉しくもあり、活動を後押ししてくれるんだなぁ、と思ったのでありました。

 

詳細記事は、以下リンクより!!!

http://dragontone.hatenablog.com/entry/2020/06/29/205003