Dragontone /石坂亥士

神楽太鼓奏者・石坂亥士のブログ

年内のSpiral Grooveは、近藤等則さん追悼番組

10月17日に、急逝してしまった近藤等則さん。あまりにも急だったことや、桐生でのライブが公には最後のライブになってしまったこと、そして、その後には、新しい音の世界を創造していこう!と約束していた・・・。

 

そんな近藤さんの追悼の番組を、年内は近藤さんの音源を中心に放送しよう!と、ディレクターと決めて、12月の最後の放送まで突き進もうと思っている。

 

本日、12月2日(水)21時〜のSpiral Grooveは、近藤さんのFree Jazzの音源を届けたいと思っております。(再放送→日曜の21時〜)

 

俺の師匠でもある、土取さんと近藤さんは、当初大阪を中心に共に活動を展開し、共に上京してフリージャズの演奏を繰り広げていたというのは、知る人ぞ知る感じになっており、フリージャズの近藤さんの音源を聴く機会は、極めて少ない。

 

近藤さんが急逝してしまい、近藤さんとも土取さんとも仲の良い友人である、群馬在住の白川昌生さんを連れて来て欲しいということで、白川さんとプチ旅行という感じに、11月の末に土取さんの所に行ってきたのだ。

 

その時に、土取さんに了承を得て、土取さんがYoutubeにアップしている音源を、近藤さんの追悼番組で使わせてもらえることになったのだ!!!

各画像の下に、Youtubeでの解説を転写してあります。

f:id:dragontone:20201202194137j:image

1970's Japanese Free Jazz @ Toyama Toshinori Kondo(tp) Toshi Tsuchitori(ds) Takashi Tokuhiro(b) 近藤等則(トランペット)土取利行(ドラム)徳弘崇(ベース) 1970年代富山のジャズライヴ録音より
f:id:dragontone:20201202192721j:image

E.E.U(evolution ensemble unity) first concert . 1975. 13.Aug. Aoyama tower hall. Produced by Aquirax Aida. musician:Mototeru Takagi(sax) Toshinori kondo(tp) Takashi Tokuhiro(b) Sabu Toyozumi (ds) Toshi Tsuchitori(ds). Music is improvised the tune which composed by Toshi tsuchitori's( INTUITION).  間章によって結成されたEEU(エボリューション・アンサンブル・ユニティー)の結成記念コンサートからの一曲(断片)。1975年8月13日、青山タワーホールで催されたこのコンサートは二部構成で、一部はEEUオリジナルメンバーの高木元輝、近藤等則、徳弘崇、豊住芳三郎、土取利行の演奏。二部はこのメンバーに小杉武久、吉沢元治が加わった。なおこの演奏後、土取は渡米が決まり、間章は急遽「土取利行渡米壮行記念」のタイトルをポスターに加えた。それゆえか、前半は高木の作曲のものが一曲、土取の作曲のものが二曲演奏された。これはその土取の作曲による「INTUITION」を即興演奏で展開したもの、演奏時間は30分近くにおよび、ここでは其の一部を紹介した。なおこの後、渡米した土取利行はニューヨークでミルフォード・グレイブスと邂逅、知己を得て間章に紹介、翌年間章はミルフォードを初めて日本に招聘し、高木、近藤、土取に阿部薫を加えたメンバーと共演させ、このメンバーによるレコード「meditation among us」を残した。

f:id:dragontone:20201202194535j:image

先の解説にもある、「meditation among us」。ミルフォード・グレイブスを中心にした、このアルバムの当時の様子もお聞きしたので、詳細は番組で少し話しようかと思っております。

竹馬の友がこの世を去ってしまった土取さんが、このアルバムを爆音でかけてくれました。ミルフォードが、予定されていなかったピアノを弾き始め、そこにのってくる近藤さんのトランペットの音が心に浸みた時間だった。

f:id:dragontone:20201202194600j:image

近藤等則(エレクトリックトランペット)土取利行(ドラム)田中泯(ダンス) @白州、森の劇場2006年8月 Toshinori Kondo(erectoric trumpet), Toshi tsuchitori(drums) Min Tanaka(dance) @Hakushu forest theater 2006

この演奏は、即興演奏の巨人!デレク・ベイリーへの追悼だった。俺自身も、この会場で聴いていた。今夜お送りするアンコールは、伝説の演奏ではないかと思っている。土取さんのドラムが入るや否や、阿吽の呼吸とはこれか!!!

という程の超絶最高なコンビネーションの二人のセッションだった。最近は俳優として活躍している田中泯さんも動いていたが、二人のその高揚感の中に入る事が出来なかったのが、とても印象的だったのを覚えている。
f:id:dragontone:20201202194557j:image

ラストは、土取さんが近藤さんへの追悼としてアップした1973年の即興DUO音源!!!

この音源、もしかしたら来年には音源化されるかもしれない。

 

今夜は、近藤等則さんの音楽の原点を振り返ってみたいと思っております。

 

試聴方法は以下リンクのFM桐生のサイトにて!!!

fmplapla.com