Dragontone /石坂亥士

神楽太鼓奏者・石坂亥士のブログ

Beyond Corona / Toshinori Kondo × Gaishi Ishizaka

2020年7月25日。あの日のことは、生涯忘れることがないだろう。

近藤等則さんが新桐生駅に降り立った時、葛飾北斎の「雪中虎図」の老虎が出てきたのかと思うほど強烈な存在感を放っていた。

この老虎が、ひょうひょうと天へと駆け上がっていく感じが大好きだったので、とてもびっくりさせられたのを思い出してしまう。

この絵は、北斎の絶筆らしく、この老虎を自分に見立てて描いているとも言われる。

今思えば、この日の近藤さんに、北斎の老虎を見たのは、偶然ではなかったのかもしれない・・・・

そして、日本において、師匠の土取さん意外で、唯一背筋がシャキーンッとしてしまう存在だったと言えるだろう。

f:id:dragontone:20210527224037j:image

そんな近藤さんとのセッションの音源が、いよいよお披露目できることになった。 

デザインは、いつもフライヤーなどを手掛けてくれている西原直紀くん。石原ミチさんが当日のライブを撮影した写真を使って、うまく構成してくれている。

このオレンジの蠢くものも、当日撮られた音の残像の様なものだ。

f:id:dragontone:20210527210740j:plain

f:id:dragontone:20210527211355j:plain

ーーー 以下ライナーノーツより ーーー

 

即興演奏というものは、とにかく自由であることであり、近藤さんは、その中でも気持ち良い音やその感覚を大切にしていた。

2020年の春頃から、日本でもコロナ騒動が勃発し、人々の生活が一変した。それは、この地球上からライブミュージックが無くなった瞬間でもあった。

即興演奏家は自由な感覚の中に生きている。

そんな二人が、この不自由な世の中に対して、出したひとつの回答がこのアルバムに凝縮されていると思うのだ。

このコロナ騒動がなんだったのかの判断は、未来の人たちに任せることにしたい。

 
近藤等則さんは、5月からBeyond Coronaというミュージックマガジンを発刊し始め、それも限定100枚のCD-R盤だった。そして、「Beyond Corona I 」 を聴いた時の衝撃は今でも鮮明に魂に刻まれている。彼から、同じ音楽家表現者へ「お前ら、何してんだ!!!」という問いかけの様にも受け取れた。

BEYOND CORONA 1 | Toshinori Kondo

「Beyond Corona 2」が届いた6月初旬。地元桐生でホームとして使っている有鄰館では、7月は誰もイベントをやらないという事を知り、沸々と何かが湧き出して来るのを感じ、直ぐに近藤さんに桐生でのセッションのオファーをしてしまっていた。まわりの仲間を振り回す形になってしまったが、無理してもやっておいて良かった奇跡のライブとなった。

ライブの後、近藤さんから「俺のゴングを使ってみないか!?」

と譲り受けたインドネシアのゴング。

その後、急展開にことが運んで行ったが、彼は旅立ってしまった。

 


---- 以下近藤さんからのメール -----

「イヤー、ゴングの写真いいねえ。この写真見てたらコロナのことなど吹き飛ぶねえ。

ベトナムの山岳地帯で古代銅が取れ、そこからゴングが作られ始めたと言われてるんだけど。

今のイメージでは3日間桐生に伺ってレコーディングしてみたいと

思っています。神楽太皷とインドネシアゴングが創り出す音宇宙の中で

エレキ・ラッパを吹きたいです。上手くいけば、誰もやった事がない

音になると想像しています。桐生の渓流の音も入れたいと思ったり。

8月末から9月初めのスケジュールはどうでしょうか?

よろしく!!!」

                      近藤

約束の音を、Beyond Corona Promise に込めて・・・

                      石坂亥士

 

f:id:dragontone:20210527210912j:plain

 このアルバム「Beyond Corona / Toshinori Kondo × Gaishi Ishizaka」は、2021年7月10日のソロライブの日より販売予定となっております。