Dragontone /石坂亥士

神楽太鼓奏者・石坂亥士のブログ

Kureru Inoshishi -暮れる亥-

今年は、ダンサーの山賀ざくろさんが還暦を迎えるという!おめでたい年でもあり、俺も亥年なのと、仲間の高峯君、あやちゃんと、年男年女として亥年を祝う機会を作ることになった。

9月に行われた「紅の亥-Kurenai no Inoshishi-」から始まり、10月には「十二支どどどん!!!」で完結するはずだったのだが・・・。

先日、ざくろさんと雑談していたら、せっかくなので、亥年ラストの即興セッションの機会を設けることになった次第!!!

f:id:dragontone:20191219224008j:image

即興の解釈は千差万別なので、正直なところ正解はないと思う。

そんな中でも、ミルフォード・グレイブスから師匠の土取さんを経由して、自分の感じている即興感覚を一緒に体感できるメンバーというのは、非常に限られる。

今回は、今まで共演してきた中でも、そんな即興感覚を共有しながら、その場を一緒に作っていけるメンバーのみでのセッションが実現した。

群馬県産ユニーク・スリリング・リズムバトル系の即興セッションという感じだろうか!

 

-------詳細------

◎暮れる亥 -Kureru Inoshishi-

2019年12月28日(土)open 13:45 start 14:00

チケット 2,000円(小学生以下無料)

会場:前橋市第一コミュニティセンター

前橋市大手町2丁目16番4号(桃井小学校併設)

申し込み zakuro@smile.ocn.ne.jp(山賀)

 

以下、自分の感じるままに、勝手に出演者紹介!!!

f:id:dragontone:20191129111145j:image

山賀ざくろ【踊り】

ユニークな中にもその背後には、繊細な思考回路があり、その思考回路が壊れていくのを、今回は是非とも見てみたいところ!
f:id:dragontone:20191129111231j:image

石坂亥士【神楽太鼓・パーカッション】

神楽太鼓を中心に、好き勝手なフリースタイルな打楽器奏者として、リズムの奥深さを追求中!

本番は、こじんまりまとまらない方向へ、シフトして行くのが好みである。
f:id:dragontone:20191129111201j:image

タケシ・コバヤシ【シンセサイザー・電子音響機器】

彼の創る音像は、とにかくセンスが良く、絶妙なバランス感覚を持ちつつも攻めるところはガンガンくる。数年ネパールに住んでいたという海外での経験も、その音のセンスに影響を及ぼしているのではないか!
f:id:dragontone:20191129111154j:image

大澤和樹【ドラム・パーカッション】

高崎サンガムのオーナーとして、ジャズからアフリカン、民族系のライブ、即興セッションなどのライブを企画運営している。

ドラムセットからムビラ、アフリカンパーカッションまでこなす、清々しいグルーブを創り出せる稀なパーカッショニスト