Dragontone /石坂亥士

神楽太鼓奏者・石坂亥士のブログ

神楽を終えて京都へ!!!

4月15日は、春季例大祭本祭りでの神楽の上演を終えた後からがなかなかにハードだった。

その日の深夜、友人の小林さんと京都を目指して出発したのでありました。

うちの神楽では、神前に奉納されたお酒を、「白黒翁三番叟」の奉納が終えてから、「さんばのお神酒」と言って、必ず全員が飲む風習が残っている。それは、「白黒翁三番叟」と言う舞台清めの舞のエネルギーが転写されたお神酒なので、飲めない人も少しだけでも口にして、このお祭りの間中無事に守ってもらう意味があるとも言われている。

毎回思うのだが、なんてことない日本酒でも美味しく感じるので、かなり不思議なことだと思えてならない。御神氣が入ってお酒が変容しているのかもしれない。

そんな、さんばのお神酒を少し多めに飲んでしまったこともあり、最初は小林さんに運転してもらうことになった次第だ。

二人運転手が居ると、かなりスムーズに移動距離を稼ぐことができ、それぞれの疲労度は劇的に軽減される。京都へは予定よりも早目に到着することができたので、目的地近くの温泉を見つけてそこで休憩することにした。

ここが、かなり良い感じだった、不動温泉!!!

古の温泉でもあり、その花崗岩から湧き出る霊泉は、でラジウム鉱泉とのことでもろもろの効能があるそうだ。

びっくりしたのは、最初に入って行くと、貫禄あるおかみさんが、「初めてですすか!?まあ、こちらへどうぞ!!!」と言う具合に座敷の一つのテーブルに案内される。

「ここが、あなた方のテーブルですから、温泉に入って、ここで休むななりご飯を注文するなりしてくださいね!」と言って、温泉の効能を歌い上げるが如く口上してくれる。

温泉だけ入る場合は、その場で会計だが、ご飯を食べると言うと後会計となる仕組みらしい。

ここで、昼寝もできて、かなり身体を休めることができたのだった。

そして、向かったのは京都某所の秘密基地的U氏のお宅。

明日に控えた、サヌカイトとチェロのコンサートの前に、台を組んでどのサヌカイトを使うか土取さんにチェックしてもらうことになっていたのである。

このサヌカイトのプロジェクトに関わる人間は、でしゃばる人がいなくて、穏やかな水の流れの様な雰囲氣がするのが不思議だ。

土取さんがサヌカイトを叩くと、走馬灯の様に浜辺で聴いた音律が蘇って来る!!!

youtu.be

音の持つ記憶というのは、素晴らしく深い部分に刻み込まれているんだなあと、しみじみ感じ入った。

共演するエリックさんとは旧知の中と来ている。このサヌカイトとチェロの組み合わせは、サヌカイトという古代の音率と、チェロという現代稀に見る心にまで染み込んでくる人類創造の究極の楽器による音で時空を超越していく行為だと思えるのである。

そんな事件を目撃できるのは、きっと今回より他にはないだろう。

きな臭い世界情勢の今、あえてこの音の融合と解脱が必要な様に思えてならない。

 

賀茂神社春季例大祭2024

笛の師匠が今回から居ないことで、大きな喪失感はあるものの、残った神楽師が志を同じくして今回の春季例大祭に臨むことができた様に思う。

新しく始まる時は、何か大きなエネルギーが必要となる!!!

そんな意味も含め、神楽師を取り巻くサポーターが少しずつ増え、神楽師公認のインスタまで始まると言う、新たに発信していく体制が整い始めた第一回のお祭りとなった。

f:id:dragontone:20240415080311j:image

若手の高校1年の草吉と3年の亮太が、準備も率先して手伝ってくれ、祭りの場が整って行った。
f:id:dragontone:20240415080308j:image

宵祭りでは、久々となる「大蛇退治の舞」が上演され、闇に浮かぶ神楽殿は、小さな子どもの目にどんな風に言えていたのだろうか・・・

こんな幼い子も、いつか神楽殿に立つ日が来ることを願いつつ、神楽は淡々粛々と上演されていった。

f:id:dragontone:20240416104014j:image

個人的には、足名椎命(アシナツチノミコト)役での、長い台詞を飛ばさずに言えたことが収穫だった。
f:id:dragontone:20240415080318j:image

ありがたいことに、翌日の本祭りも氣持ち良く晴れて、祭り日和となった。

俺の朝一の仕事は、「天の岩戸開きの舞」の手力男命(タジカラオノミコト)を舞う時に使う笹を採ることだ。

鎮守の杜の入口に鎮座する鹿島神宮香取神宮へお参りして、笹をいただいいて来るのである。この古の朱赤がなんとも言えない風格を醸し出している。

f:id:dragontone:20240416003732j:image

今回、自分の中で白翁の舞が、飛躍的に進展した。

白翁は、右手に半紙を折ったものを進む方向に向けてに持っている。今までは、頂点が二つになった三角だったが、タイミングよくも、師匠の和さんが、三方にお供えを乗せる時には、こうやって頂点を合わせて折るんだよ!と始まる前に教えてくれたことで、白翁の持つ半紙もこれに違いないと閃いて、その折り方で試みてみたら、まさにドンピシャ!!!

今まで感じた事のない、白翁本来の舞台清めのエネルギーと融合した感じがしたのは、大きな収穫だった。

f:id:dragontone:20240416103933j:image

f:id:dragontone:20240416004525j:image

神楽師ギリギリの人数となり、みんなで協力しつつ幕を進め、天照大神役は6歳の最年少の今坐がやってくれ、神楽師一同感謝でありました。

やはり、子どもが天照大神役になると、神々しさのレベルが違ってくるのが不思議だ。

f:id:dragontone:20240416004236j:image

f:id:dragontone:20240416120322j:image

稲荷山種蒔きの舞でのえさ公コンビも、だいぶ馴染んできた様に感じる。

f:id:dragontone:20240416004537j:image

これから、神楽が熱くなりそうな予感である!!!

 

次の秋季例大祭は、10月の15日に近い土日となる予定なので、ご興味ある方は是非!!!

 

 

神楽は淡々と流れゆく・・・

3月1日は、神楽の練習日だったが、その日にイランツアーへ旅立つスケジュールだったので練習の時は空の上だった。

イスタンブールでのトランジットの時に、神楽師の笛の師匠の訃報が飛び込んできた。

人は、いつかはその時が来るとは言え、俺が神楽師になった時から、先代の笛の師匠から厳しく笛を仕込まれて賀茂神社の神楽の笛でお囃子を牽引して来た、笛の師匠・荻原和英さんが居なくなった神楽は、ぽっかりと心に大きな穴が空いた感覚な事は否めない。

舞踏家の中島夏さんをはじめ、3月末には山海塾天児牛大さんまで旅立たれたと聞く。一時代を築いてきたマスター達が同時期に旅立ってしまった衝撃はかなりのものだと思える。

当たり前かもしれないが、自分としては荻原さんの訃報が一番ショッキングなことは間違いない。

かなり一本氣な性格だったこともあり、人との相性は極めてピンポイントだった印象でもある、なかなかに付き合いにくい人物だったかもしれない。

不思議と俺とは氣が合い、「自分は90歳までは笛を吹きますから!!息をフーッと腹から出すんだよ!」と口癖の様に言っていたのが思い出される。

今は高校生となった、幼少期の甥っ子草吉と二人で真剣に練習していた光景が印象的だった。

当たり障りのない付き合いが横行している昨今において、同じ神楽師にも喧嘩を吹っかけて行く、尖り過ぎて人を寄せ付けない彼の生き様は、独りで旅立って行くことで幕を閉じたそうで、亡くなるまで一貫していたことは、本当に素晴らしいと思える。

神楽師一同、心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

笛の師匠不在となったが、2024年4月14日、15日は、賀茂神社の春季例大祭が行われる。

14日の宵祭りでは、17時半頃から「白黒翁三番叟」を上演し、夕食の後の19時頃より、「大蛇退治の舞」を上演する予定となっている。

15日の本祭りは、10時半より「白黒翁三番叟」「猿田彦の舞(道開けの舞)その後お昼休憩。

13時過ぎから「岩戸開きの舞」「子守りの舞」「屑紙拾い三番叟」「稲荷山種蒔きの舞」上演予定となっています。神楽師の人数がギリギリなので、順番が変わる可能性有りです。

きっと、荻原さんが神楽殿に遊びに来てくれるのではないかと思えてならない。

 

この春から神楽師的にも変化が始まり、なんと公認のインスタグラムまで始まると言う流れに!!!

神楽師がやっているわけではないのですが、数十年神楽を見てきたマニアックな目線での紹介なので、レアな動画や写真も多々アップされる予感です。

この春季例大祭から本格的に発信されていくとのこと。

 

インスタグラムの条件設定が変更になったらしく、インスタグラムのアカウントを持っていないと見ることができない様ですが、下記リンクにてマニアック情報を発信し始めておりますので、是非チェックしてフォローしていただけたらありがたい限りです。

よろしくお願いいたします。

下記画像もしくは文字部分よりリンクを貼ってあります。

@mundodelakagura 賀茂神社神楽師公認インスタグラム

 

 

本日のSpiral Groove [2024.04.10.]

告知が本当にギリギリとなってしまったのだが、今日はとてもウキウキワクワクな日なのである。

f:id:dragontone:20240410181445j:image

尊敬できる音楽家とのセッションほど楽しみなものはないのだ!!!

f:id:dragontone:20240410181507j:image

本日のFM桐生21時からの生放送での即興セッションが行われる予定なのだ!!!

そのゲストは、これまでに何度もセッションしたことがある、KING OF OPUSの仲くんその人なのである!!!
f:id:dragontone:20240410181510j:image

何が起こるかどうなるかは、神のみぞ知るであるが、ワクワクが止まらないと言う嬉しい状況なのである。
f:id:dragontone:20240410181514j:image

下記リンクより試聴可能なので、お楽しみいただけたら幸いです。

fmplapla.com

久々の更新

氣がつけば4月になっており、桜も満開だ。

3月は、イランから帰国して様々な出来事が経過して行き、かなり密度の濃い日々を過ごしていたのは事実だ。

イランでの体験と、旅の疲れも手伝って、日本でのネット関係の過ごし方を忘れてしまったのかもしれない。

まあ、桜も満開となったことなので、ぼつぼつ記事を書いてみたいと思うに至った次第。

今年は、友人のモーリーくんの誘いからジャガイモを共同で作ることになった。

草の生えていない畑で作業をするのは久しぶりなので、逆にかなり新鮮だったなあ。植え付けをして、次は6月あたりには収穫ということなので、楽しみである。

自分の畑では、のらぼう菜が良い感じでとても美味しく春の息吹をいただいた。

その後、3月末は広島は府中市へ!!!

魂の兄弟とも言える、殿さんがご住職をしている常福寺でのうさと展でのオープニングでの演奏だった。団子三兄弟ならぬ52、53、54、と一歳刻みの無邪氣ブラザーユニット、殿元健照、石坂亥士、KNOBの異色のトリオでの即興セッションが実現することになったのだ。

渡邊由紀子さん主催のうさと展は、「そこに集まる皆さんに楽しんでもらう!」をコンセプトに、常福寺の全域をうまく使ってワークショップからキッチンカーまで出て、お寺って本来こうあるべきかも!?と言う素敵な文化の発信の場となっていた。

とにかく集まっている方々が素敵で、氣持ち良くて楽しくて、近年稀に見る素敵なイベントを体験させてもらったのでした。

殿さんと二人でセッションする時は、冗談半分でユニット「混沌」と言っているほどの未知の領域へシフトして行く。今回、初めてKNOBさんが加わり三人となったことで、奇跡的な融合が起こり、祈りの響きは大饗宴へと発展して行った。

前夜行われた再会の宴では、3人共に、ある時から時間軸が捻れて行ったようで、未知の存在に記憶を消されたらしく、そこから大饗宴の流れは始まっていたと言うことかもしれない。

こんな素敵な機会を作っていただきた主催の渡邊さんと殿さん、そして関わってくれた皆さんに心より感謝です!!!

興奮冷めやらぬイベントの後は、一路高松を目指す!!!

今月の17日と19日に行われる土取さんとエリックさんの舞台で使う、サヌカイトの台を作ることになっていたのである。

浜辺に立てた時は、砂浜に杭を打ち込んで安定させていた部分が大きかったのだが、今回はホールなので、そはいかないのでアイディアを練ることに・・・・。

最終的には、自立型にしてセッティングの自由度を増やす方向で決まり、なんとかイメージを形にすることができたのは嬉しかったなあ。

そして、香川県に来たら「讃岐うどん!!!」である。

お店はかなりあるのだが、好みの店に出会える確率はかなり低いのも事実なのだ。

今回、高松で、マルタニ製麺と言うかなり良い感じの店に巡り会えたのはラッキーだった。

が、やはりここまで来たら、観音寺の大喜多うどんへ行かないわけにはいかないと言うことで、お昼になる前を狙って車を飛ばす!!!

「天ぷらうどん」やっぱり最高過ぎて、せっかくなので大盛りの後に、中盛りをいただき、かなりの満足度を持って店を後にしたのだった。

お店の姉さんが、「え!?本当に天中(天ぷらの中盛り)もう一つ!?」と言うだけあり、腹持ちも最高で夜ご飯は必要なくなったと言う結末に・・・

開花のタイミングで関西方面に移動していたので、「もうすぐ満開だねぇ!」と言う言葉も聞かれないまま、「もう満開!?」と言う感じに、今年の桜はどことなく実態不明な感覚があるのが不思議だ。

裏山に犬の散歩に行った時、シナヒイラギナンテンの可憐な花が不思議と目に飛び込んできたなぁ。

 

ひとまず無事に帰国

今回のイランへの旅は、常に夢の中にいる様な不思議な感覚をともなっていた。

海外に行くから特別ということではないが、移動の距離と待ち時間の長さが、普段の感覚と切り離させられるのかもしれない。

f:id:dragontone:20240313160326j:image

まだまだあるなぁと、思っていたら最後の2日間は、光陰矢の如しとはよく言うが、正にその状態。

氣がつけば、テヘラン空港から、ペガサス航空という素敵な航空会社で飛行機はトルコへと。

そして、着いたのはイスタンブール国際空港とは違う空港で、そこからバス移動という矢継ぎ早な乗り換えとなった。

羽田から成田へ移動する感じらしい。

f:id:dragontone:20240313160526j:image

イスタンブールから北京へは、早朝到着して体内時計が、何時だか訳わからない状態だったが、縁起良く飛行機越しの日の出を拝むことができたのは、ラッキーだった。

なんだかんだ、待ち時間がかなりあったが、普段はあまり何かをひたすら待つ!!!ということもないので、ネットも繋がらないのがかえって良かったとも思えた。

f:id:dragontone:20240313160554j:image

帰りは、土取さんの太鼓も託されたので、荷物が増えているという・・・。

無事に、空港からクロネコへバトンタッチすることができたが、自分の荷物だけなら電車で行けると踏んで、移動し始めてみたが、太鼓ケースにいろいろと詰め込んだ重さは23キロ。

f:id:dragontone:20240313170247j:image

「あえて困難な方を選んで進む!」という、岡本太郎の言葉を胸に刻んでいるので、荷物を送らない方を選択してしまった結果、旅の最後の最後にきて、自分で持って移動できる限界ギリギリの状態を体験してしまったのだった。

しかし、限界にはまだ多少の余地が残されていたのを確認できたことは、自分にとって嬉しい発見でもあったのでした。

ひとまず、無事に帰国できたことに感謝です。

 

 

アゼルシャーミトラ教神殿遺跡

ミトラ教神殿遺跡を目指して進んでいたバスが、急に停まったと思ったら、なんとパンクしてしまったという。。。

バスがパンクするタイミングに遭遇するのは、今までで初めての経験だった。

f:id:dragontone:20240310145343j:image

バスはこんなに傾いてしまった。。。

f:id:dragontone:20240310171114j:image

運良くも、バスの基地に近かったそうで、あまり待たずに代わりのバスがやって来て、事なきを得た。

その後順調に進み、山岳地域に入ると勾配が急になり、バスの速度が落ちつつもドンドン上って行く。そして、雪山が間近に見えて来たと思ったら、その村に到着したのだった。

f:id:dragontone:20240310144706j:image

子どもたちが、バラの花を一輪渡して歓迎してくれるという微笑ましい出迎えも嬉しかった。

街中の空氣と違って、とても清々しく氣持ち良い。
f:id:dragontone:20240310144710j:image

石碑の造形にも興味津々。
f:id:dragontone:20240310144714j:image

f:id:dragontone:20240310144820j:image
f:id:dragontone:20240310144829j:image

一つだけ咲いていた花は、調べてみたらコルチカムという日本でもよく見かけるイヌサフラン属のものらしい。高山なので、背丈が低いのも頷ける。
f:id:dragontone:20240310144816j:image
f:id:dragontone:20240310144824j:image

しかし、この神殿遺跡にはビックリだった!!!

f:id:dragontone:20240310144923j:image

入口は背丈ほどだが、入って行くとドームが現れる。
f:id:dragontone:20240310144919j:image

天井の中心に円形の穴があり、照明はなくそこから差し込まれる自然光のみなのも、素晴らしい。
f:id:dragontone:20240310144915j:image

壁面には、蝋燭を置く窪みが掘られてあり、その煤で文字が書かれてあり、それぞれ対照的なのも陰陽的でもあり、興味深く観察できた。

f:id:dragontone:20240310153750j:image

f:id:dragontone:20240310153803j:image

ここでの響きは、祈りに直結すること間違いなし!と誰でも感じる場所だと思う。

メンバーみんなで、楽器を準備していざ演奏を始めようとしたら、ストップがかかり、残念ながら女性が歌うのはNGということで、全員で演奏を止めることになったのだった。
f:id:dragontone:20240310144907j:image
f:id:dragontone:20240310144911j:image

雅楽チームのみ、少しだけ音を響かせることになったので、その響きを上の穴越しに聴いてみたところ、中での響きよりも、龍笛篳篥と笙の響きが融合して、より立体的に聴こえる印象だった、

f:id:dragontone:20240310145002j:image
f:id:dragontone:20240310145010j:image

f:id:dragontone:20240310153355j:image
f:id:dragontone:20240310145014j:image
f:id:dragontone:20240310145018j:image
f:id:dragontone:20240310145006j:image