Dragontone /石坂亥士

神楽太鼓奏者・石坂亥士のブログ

共鳴瀑という響き合い

この瀧の前に立った時、「共鳴瀑」という言葉が閃いた。

なかなか行けないが、とても好きな瀧だ。その瀧に、4月末に行った時その瀧壺の前に立った。かなりのミストで、ものの数秒でびしょ濡れとなってしまったが、とても清々しく、そのミストが身体を通過して行くのを感じたほどだった。

ある程度の量の水が、上から下へと落ちることで起きる、その水圧と音圧、そして風圧がとにかく心地良い。

瀧壺のすぐ前に立って浴びる瀑音に、かなりの異次元へと誘われた。

5月の中旬には、観音寺でのサヌカイトプロジェクトの帰りにも寄ることができた。

この時は、瀧が始まる上の部分に坐して、しばし瀧を観察。空中へ放たれる前の水は、とても生き生きしている印象だった。

なんと、天には日輪が!!!

4月の瀧壺から始まり、5月には瀧の上部の流れを感じることができたことで、新たな感覚を得ることができた。

そして、明日の「共鳴瀑」へ。

桐生市有鄰館酒蔵が、いつもに増してキラキラしている。

本日は、仕込み。ここは自分たちで掃除から始める。

今回、大の男が5人で掃き掃除を・・・・・。

掃き清めるとはよく言うが、かなり掃き清まった酒蔵となりました!!!

あまりの暑さに、おやつは円くんがアイスを買ってくれて、みんなで束の間の涼しさを得たのでありました。

コラージュの一番下の左の石は、あの瀧の上部にあった石の穴に上手いことはまっていた石だ。

夏越ノ大祓2022の祭壇に飾ろうと思っている。

さて、明日は、何が起きるのか未知との遭遇である!!!

まだ、多少の余裕はあるので、ピンときた方は、明日会場でお会いしましょう!

詳細は、以下リンクにて。

dragontone.hatenablog.com












 

散歩曼陀羅

ここ最近は、梅雨に入ったとはいえそれなりに過ごしやすい日もあり、朝の散歩が結構楽しみでもある。

花や植物に、呼び止められる感覚の時にパチリッと記録しているのだ。

f:id:dragontone:20220618142606j:image

子どもと一緒の時がほとんどなので、勝負は一瞬のタイミングを逃すと、チャンスは再び訪れることがないのである。

これは、即興演奏と通ずる部分もあり、かなり楽しみつつ鍛錬もしている感じなのだ。

珊瑚樹や小待宵草、掃溜菊など知らなかった草花の名前を知るのも面白いもんだと思えてきた今日この頃。
f:id:dragontone:20220618142626j:image

道には、綺麗なものだけではなく空き缶や轢かれた蛙などとも遭遇する。
f:id:dragontone:20220618142630j:image

「なんだ、この白い可愛い花は!?」と思えば、それは蕎麦の花だったりして、妙に納得したり。コンクリの側溝の微妙な隙間に生えていた、ちょっと氣になる草がコスモスだったりしてコスモスの葉というのも素敵なんだなあと新たな発見があったりものするのだ。
f:id:dragontone:20220618142617j:image

この時は、花弁が一枚だけ残った花が氣になって、自分としてはそこをクローズアップしていたら、娘から「亥ちゃん!!!大きなハチ、ハチがいるよ!!!」とすぐ隣の花に大きめな蜂がいてビックリだった。

興味を持ったら、とにかくそこに集中して、まわりはあまり見えないんだなあ・・・。と自分の習性というか性格を再認識し直したりもしつつ、朝の散歩は続いていく。

f:id:dragontone:20220618142637j:image

小待宵草の黄色い花を撮ろうとした瞬間に、モンシロチョウが飛来して偶然にも写った一枚もあり、なんだか面白いもんだなあと思ってしまう。

子どもの頃から、この花はよく見たし花を飛ばしたりして遊んでいたが、初めて貧乏草を綺麗だなあと思えた。と思ったら、「ハルジオン」と「ヒメジョオン」という似た品種があるらしいのだ。

どうやら、これはヒメジョオンのようで、漢字だと「姫女苑」とある。この漢字を見て、美しく見えたのも頷ける。

f:id:dragontone:20220620172119j:image

アップでの花もいいが、引いて見るその植物の造形も興味深い。

アメリカ鬼薊は、やはりアメリカと名が付くだけあり、かなり仰々しい。。。
f:id:dragontone:20220618142614j:image

桃色で小さくかわいい花は、虫取撫子というらしい。花が終わると、中心部分の星形も残って種になっている姿も、なかなかの雰囲氣だ。

緑の林の様にも見える、トクサの存在は知っていたが、先端につくしの様なものができていたのは初めて見た。茎がやすりになるので、ツゲの櫛を磨く時に使われたり、陶芸でも使われていたんだとか。

実際にその茎で爪をやすってみたが、それなりに削れる!

「これ、名前なんて言ったっけなあ???」と話していると、自転車に乗った通りすがりの女性が「これ、トクサって言うのよ!」と名前を教えてくれて、軽快に走り去って行った。

今日そこを通ったら、なんと全て刈られてしまって、寂しい状態になっていた・・・・残念。

f:id:dragontone:20220618142634j:image

ちょうど田んぼが始まって、水を入れている所が多い。水を見ると、子どもは引き寄せられるのは、今も昔も変わらない遊びの法則なのかもしれない。

ゲンゴロウも見ることができて、ラッキーだった。

箒みたいだと思ったら、箒木という草だった。黄色い可憐な花の名前は、それに反して掃溜菊というのもビックリだった。f:id:dragontone:20220618142603j:image

そして、最近はハーブが充実してきている。土取さんの所からいただいたミントに山椒、モロッコミントにモヒートに使われるキューバミント、イタリアンパセリレモンバームに、数十年来の夢だったレモングラスも植えることができた!!!

かなり安く夢が叶ってしまったが、とても嬉しい!!!

育つ育たないはおいといて、植えられただけでも、かなりの満足度な事に自分でもビックリしている始末。

朝の三輪車散歩では、蛇の子どもにも遭遇して、かなりのハイテンション!!!持ち方を教えたら良い感じに発光する蛇に見える。守護神になってもらうため、庭に放してみたが、さてどうなるか・・・・。
f:id:dragontone:20220618142622j:image

その瞬間を楽しみ切ることで得られる満足度はかなりのものだと思え、日々、曼陀羅の如しである。
f:id:dragontone:20220618142610j:image

〜静寂から生まれる〜

深井信悟さんの動きと出会った時、身体の奥底に静寂感を感じた。その後、閃きに従って、「是非とも共演をお願いできないか!?」と連絡をしたところ、一氣に共演が現実化していったのだ。

これからも、一瞬の閃きを大切にしていきたい!!!と思える出来事だった。

この記事では、石原ミチさん撮影の写真で当日を振り返っていきたい。

※雰囲氣ある写真が多数だったので、コラージュにて。

f:id:dragontone:20220619092833j:image

深井さんとの何回かのメッセージのやりとりから、公演名の「撃鼓響振」が決まり、副題として「 〜静寂から生まれる〜 」という一文が浮かび上がってきた。

その後、俺の妄想が加速して勢いに任せて、夏越ノ大祓でも共演をお願いしてしまったのだ。深井さんとの縁が、6月25日の「夏越ノ大祓2022  〜響鳴瀑〜 」へと繋がっていくことになったのだ。

俺が音の響きを確認している中で、深井さんは、身体を場所に馴染ませる様に動いていく。

「舞台と楽屋の出入りは、自由にしてもらっていいので!」

と伝えると、「動かない時は、正座でもしてますから!」

という返答が返ってきた。

この時、深井さんが常に会場に居るという事が決まった。。。。

近藤さんとのセッションの時に感じた濃密な空氣感が、会場に満ち始めた瞬間でもあった。

今回、どんな状況でも対応できるために、楽器は多めに持って行っていたが、使うものだけ舞台に配置したくなり、いくつも使わない楽器が楽屋に鎮座することになった。

深井さんは、まさに武術に生きる方で、それもかなりストイックな武術家という印象だ。

今回、この公演を企画したいと思ったのは、土取さんが松田隆智さんと「鼓武震撼」という公演をしていたのを知っていたからとも言える。

音を追求する者と武を追求する者が、同時にその場所に存在するというのは、想像を絶するほどの興味深さと面白さがある!!!

即興演奏というのは、相手の音を感じつつ聴ききつつも、絶対にそこに迎合しない。真の即興演奏家同士のセッションは、まさに武術の様でもある。

音楽にしても、武術にしても、実践で使えるか使えないかが、全てではないかと思えてならない。

そんな深井さんとの響演は、「何も決めないで自由にやりましょう!」と言って、俺が先に舞台へ出るだけ決めて、誰もどうなるか分からない世界の幕が開いたのだった。

「撃鼓響振」と命名したからなのか、冒頭シーンは、陶器で作った撃鼓から始まり、流れで神楽太鼓、そして韓国のプクへ!!!

こんな短時間で、三つの太鼓を鳴り響かせるという、自分としてはあり得ない流れも、太鼓の三つ巴的に必然であったのかもしれない。

プクの音圧は、相当な密度で会場を満たしていったはずで、韓国ではプクは、雲が湧いてくる音を現すとされている。古くは、儀式で使われていたとされる、チュルチェのリズムが自然と出てきて、そのリズムの速度が上がっていき、かなり厚い雲が湧いてきたはずである。

プクの音が切れた瞬間、手を床につき挨拶を済ませた深井さんが動き始めた。

このプクの音が創り出した雲の上に、深井さんが登場してきた感じにも見え、絶妙な間合いで入ってきたのだ。

これは一方的な俺からの見解だが、その後、彼はエネルギーを蓄えるが如く、定位置から動かずに微速とでも言ったらいいと思える速度で、蠢いている。

しかし、それが素晴らしく、俺自身も自分の音の世界へ没頭していくことができた。

その場から、動かない・動かない・動かない!!!

そして、この手の写真はよくぞ撮った!!!と叫びたくなるほどに、深井さんの手から通常は目に見えない氣のエネルギーが放出されている様にも見えるのが嬉しい!!!

俺は、演奏家としてはかなり貪欲なので、絶対に我慢はしないで、身体の要求には従うという仕組みになっている。

この時、楽屋に置いてきた、スリランカの太鼓「ゲタベラ」がどうしても叩きたくなってしまったのだ。。。

迷わずに、取りに行くことにして、土鈴やガラガラを鳴らしながら、楽屋方面へ進んで行くことにしたわけだ。

上手いこと、深井さんの背後の位置取りになったので、少し楽しませてもらった。

やっぱり、ゲタベラ取りに行ってきて良かったぁぁぁあ!!!!という展開となった。

舞や踊りとの違いは、必要なことしかしていないという事だ。

土取さんと松田さんの「鼓武震撼」では、1時間に及ぶ土取さんのソロドラミングの後に、「この時!!!」とばかりに松田さんが登場し、最大最強の武術的爆発を1分ほどに凝縮してやり切り、かなりの自信を持って舞台を去って行くという伝説を残したわけで。。。

深井さんが、1時間近く定位置で氣を練るような功法の動きを続けていたのは、確実に最終章に必要な作業であったのを知る事になったのだった。

自然と終わりはやってくる。

俺は神楽太鼓に移動した。

音の鳴りを調整をしつつ、神楽太鼓と自分の何かを繋ぐ様な作業がある。

もうこの時、深井さんの存在はおそらく自分と一体となっている様な不思議な感覚もあり、彼を意識することなく神楽の音に集中していく。

「かなり濃密な音像が出現しているぞ!」と目を開くと、深井さんが目の前で剣を持って動いていた!!!

この感覚は、宮崎県の銀鏡神楽という夜神楽で感じたものに近かった。

夜を徹して舞われる神楽では、一瞬目を閉じたかと思ったら、相当な時間眠ってしまっていて、次に目を開けたら、別の次元が展開しているのだ。

神楽の音とは、同じ様に感じられるかもしれないが、かなりの反復を繰り返していく。それは、螺旋を描きつつ、少しずつ時空や次元が上昇して行くのだ。

そんな夜神楽の世界を垣間見てしまった「撃鼓響振」、かなり楽しい時間だった。

後から、記録映像を確認して驚いた!!!

俺が神楽太鼓のモードが本格始動した瞬間に、深井さんは剣を抜いて絶妙なタイミングで登場していたのだ!!!

そして、無条件に楽しい時間だったなあ。

挨拶に出ていったら、アンコールと間違われて、少しやるはめになったが、結果的に、奥三河花祭りで、人には見せないで行われている、納めの舞の様でもあり、やり方や表現は違うが結果的に神楽の世界観がそこに出現していた。

ご来場いただいた皆さんをはじめ、配信でご一緒していただいた皆さん、スタッフ関係者のみ皆さんに心より感謝いたします。

武も音も実践で使えなければ意味は無い。それは、必要なこと意外しないというシンプルなことなのだと思う。

「撃鼓響振」は一旦幕を閉じ、6月25日の「夏越ノ大祓2022」へと発展して行く。

夏越ノ大祓のテーマは、共鳴瀑だ!!!

深井さんと共に、瀧の響鳴に心身を寄せたいと思う。

dragontone.hatenablog.com

撃鼓響振、類稀なる空間が広がる!!!

閃きが、カタチになることは、とても嬉しいことだと思える!!!

今回の出逢いは、まさに閃きの連続だったのだ。

昨日は、撃鼓響振という言葉が、実際にこの世界に出現した日となった。

深井信悟という方は、今まで共演したどのタイプの人とも違っていた。彼と共演できたことで、自分自身が追求している音の背後にある世界というものが、明らかになろうとしている。

一番近い感覚を感じるのは、尊敬してやまない韓国の音楽家であり山岳系武術の達人でもある、金在徹先生だけかもしれない。

本物の武術の持つ、一切無駄の無い動きの中で、深井さんの身体が存在している。

間合いから、氣配、動きまで、濃密がとにかく濃いのだ。

そして、打ち合わせは一切なしで始まっていく、撃鼓響振!!!

本番の写真は、まだなので、準備さ段階の写真をコラージュで!!![Photo:Michi Ishihara]

ひとまず鉄は熱いうちに打て!というが、勢いで報告しておきたい。

BIGSHIPのホールが片付いて、広くなった会場で、深井さんは思いっきり棒を振っていた。本番では、お客さんとの距離もあり、ここまで思いっきり振り切れなかったとのことで、何も無い空間に響く棒の唸り音が、今回のライブを締めくくってくれた感じがした。

この「ブゥーーーンッ!!!ブゥンッ!!!」という響きが、桐生での公演へと繋がっていく予感がした。

ここで、ダイジェストの動画を共有しておきたい。

iphoneで撮影したものだが、かなりの臨場感は感じ取れるかと!

youtu.be

そして、多数のリクエストがあったので、昨日の配信映像をアーカイブでも販売することとなりました。以下のリンクに詳細ありますので、ご興味ある方は是非!!!

撃鼓響振配信アーカイブ映像

散歩して、種取りをして納得する!

たんぽぽの綿毛を見つければ、その種を吹いて飛ばすのが習慣でもあるが、まじまじと観察してみると、神聖幾何学の様にも見えてくる。というか、きっと植物が持つ黄金比的な造形が、神聖幾何学に反映しているということなんだろう。

f:id:dragontone:20220530135401j:image

植物の持つ絶対的な造形美には、いつも驚かされる。

f:id:dragontone:20220530140358j:image

道端の草花でさえも、素晴らしいの一言だ。
f:id:dragontone:20220530140404j:image

咲く前の蕾に至っては、凝縮しているそのエネルギーが、開花することで放たれていくことを、改めて視覚的に見せてくれるわけである。

花を一輪を、室内に飾るだけで、その場が清浄になり開かれるのもうなずける話だ。
f:id:dragontone:20220530140352j:image
f:id:dragontone:20220530140411j:image
f:id:dragontone:20220530140423j:image

一度、種から蒔いたパクチーが、今年も勝手に生えてきて花を咲かせてくれている。
f:id:dragontone:20220530135424j:image

まん丸い種もでき始めて、花と種を両方見ることができて嬉しい。

f:id:dragontone:20220530135421j:image
f:id:dragontone:20220530135356j:image

よく見ると、神楽で使う鈴の様にも見えてくる。

この日は、放ったらかしにしてあった野沢菜の種をまとめることにした。
f:id:dragontone:20220530135412j:image

少し触れただけでも、「カサカサカサ」と音が鳴る。

これは、まさに鈴そのものだなあと思いつつ、よく見てみると。。。
f:id:dragontone:20220530135417j:image

乾燥した鞘が割れて、中の種が見え隠れしているではないか!!!

まさに鈴の原理そのもの。。。f:id:dragontone:20220530135428j:image

マラカスやガラガラという、空洞の中に何かを入れて振って鳴らす楽器は、太鼓よりも起源が古いというのを、大師匠ミルフォード・グレイヴスがワークショップの中で話していたのを鮮明に覚えている。

そこから派生して、この種の構造を観察したことで閃いたことがある。

元々マラカスは、マラカという植物の実を乾燥させて、その中にその種を入れたものだったそうだ。メキシコのマラカスの中には、小さい豆が入っていたし、南米で作られたマラカスには、コーヒー豆が入っていたこともある。マラカスやラットルというものは、その中に種を入れて振ることで音だけではなく、見えない部分では生命エネルギーが発動する仕組みになっているのではないかということだ。

生命の源である種を入れて振るという行為は、かなり儀式的でもあると言える。

これは、メキシコの山岳民族であるコーラ族の儀式で使われる亀の甲羅のマラカスだ!!!

奇跡的に手に入れることができた一品で、ここぞという時には使うことにしている。

コーラ族の祭禮では、幻覚作用をもたらすペヨーテというサボテンを食べて、この亀のマラカスを腰に付け、仮面を付けて木の剣を持って、走り回るという。この祭禮の撮影は完全にNGとなっていて、隠れて撮影しようものなら、しばらく拘束されてしまうというから、凄まじいい。

そんなコーラ族もマラカスが重要なものとされている。使用した仮面や剣は売ってくれるが、マラカスは駄目なんだとか。このマラカスは、偶然にもメキシコの民族系アートセレクトショップの東京店があり、その流通に乗って、はるばる日本にやってきたものだ。そこが閉店する時に偶然にも見つけて俺の所に来たのだ。

日本の馬鈴や古い鈴と一緒に、演奏する時肩から掛けているのである。

相当な自己満足な一品なのである。

明日は、「撃鼓響振」と題して、武術のマスターとの公開稽古のような公演が待っている。この亀マラカスは必須アイテムかもしれない。

 

夢の様なビンテージドラムがやって来た!!!

数日前、かなり自己満足度の高い、太鼓をゲットしてしまった!!!

人生、自己満足度が高ければ高いほど、幸福度も高いのではないかと思えてしまう。

f:id:dragontone:20220610082150j:image

皮の表面を見ただけでも、相当な雰囲氣を放っている。そして、その質感は、見た通りに凹凸感が半端じゃない。

「なんじゃぁあああ、この飴色は!!!」と叫びたくなるほどに、良い意味で相当な時間の経過をその皮に刻み込んでいる。f:id:dragontone:20220610082142j:image

18本の楔で皮は止められていて、あまりのその厚さにしばし観察してしまう。。。
f:id:dragontone:20220610082123j:image

皮の厚さは、なんと5ミリほどもあり、あり得ない厚さが圧巻の一言。f:id:dragontone:20220610082119j:image

形が、ボテっとしていて、とにかく可愛らしい。
f:id:dragontone:20220610082139j:image

どの部分を見ても、この太鼓が育ってきた物語を勝手に感じてしまう。地面と設置する部分は摩擦によって上手い具合に削れているが、かなり大切に扱われてきたのではないか!?と推測されるわけだ。f:id:dragontone:20220610082116j:image

経年劣化と使い込まれたことで木の表面はめちゃくちゃ良い感じで、その触り心地も最高なのだ。なんななだろうか、この素晴らしさ具合は。
f:id:dragontone:20220610082146j:image

紐が通っている部分も一木の削り出しで、ボディと一体となっているのも素敵なポイントでもある。

f:id:dragontone:20220610082128j:image

大きさの比較で一緒に撮ってみたが、サイズ的には、生後五ヶ月の乳児よりもギュッとしている。並んでもらったことで、ボテッとしたお尻と短めの脚のバランスが、赤ちゃんそのものなんだなあと実感してしまった。

太鼓が生命力を鼓舞するのは、きっとそんな事も関係しているのかな!?などと勝手な妄想が暴走して、かなり楽しい自己満足な時間が流れている。

f:id:dragontone:20220610082131j:image

脚の方から中を覗いてみあれば、異次元へのトンネンルにも感じられてしまう。

この削った跡からみて、電動工具を使っていない様にも思え、いつ頃作られたのかも氣になるところだ。

自分の年齢程度なのかそれ以上なのか、妄想は止まらないのである。

ヤフオク経由で手に入れたのだが、その出品者によると、コートジボワールの希少な太鼓ということだ。

西アフリカの太鼓というと、ジェンベが有名だし、そのの他にもサバールやパンロゴなどもあるが、この形状の太鼓の流通はほぼ見たことがない。

一方的に大尊敬している、大師匠ミルフォード・グレイヴス曰く、「儀式で使われる太鼓は、一本の木を刳り貫いて、動物の皮を張ったものでなくてはならない!!!」というそれに完全に当てはまるし、何よりもその古さが儀式的な雰囲氣を醸し出している。

かなり嬉しい太鼓との出逢いに、太鼓の神様に心より感謝である。

高崎 club FLEEZ/時代を築いた猛者達

高崎のFLEEZが一時休業するらしく、そのイベントに娘と行ってきた。

ちょうど電車に乗りたいというので、タイミングバッチリのプチ旅行となった。

車移が多いので、電車移動で歩いての街の散策は、とにかく新鮮だった。

あまりにも街へ出ないので、もう氣分は海外旅行のように、見るもの見るものが面白い。

f:id:dragontone:20220607232042j:image

群馬には、新井慎也という男がいる。彼は、ギターを弾きながら歌を歌う。遠藤ミチロウさんとのライブを企画してくれたのがきっかけで付き合いが続いている。

そんな彼が、このイベントに出演するというので、聴きに行くことにしたのだ。

いろんなバンドが出演するんだろうが、新井慎也のみ目当てでの高崎旅行なのだ。

時代を築いた猛者達に、新井君が入っていることもビックリだった。そして、なんとオープニングアクトでもあって、これまたビックリ!!!

開始時間が午前10時半というのも、相当な衝撃ではあった・・・。

娘の初クラブは、高崎FLEEZで新井慎也ということだ。

そして、この日の新井くんの歌が、とても良い印象だったのだ。彼の流儀で地道に歌い続けてきたからこその、等身大の存在感がかなり好感度が高かった様に感じた。
f:id:dragontone:20220607232049j:image

午後22時まで続くイベントらしいが、本当に、新井くんだけ聴いて二人でFLEEZを後にした。

高崎の街は、かなり面白い取り組みをしている印象で、ベンチにアーティストが絵を描いたり、子どもたちがペイントしたりと、休憩スペースもなんだか良い感じだ。

f:id:dragontone:20220607232030j:image
f:id:dragontone:20220607232038j:image

FLEEZの近所に、トヨペットのコロナ1500というのが停まっていて、まじまじと観察してしまった。

巷のコロナは、ワクワクしないが、車のコロナはワクワクするもんだ。

ナンバーも群の5なので、そのまま乗り継いでいるのも素敵だなあと思えてしまう。
f:id:dragontone:20220607232059j:image

そして、空には日輪が。。。

高崎散策、楽しい時間でありました。

新井くん、どうもありがとう!!!

許可もらったので、一応録ったライブの音源と他の楽曲も含め、明日のSpiral Grooveで紹介してしまおうと思っている。

 

6月8日(水)21時より放送予定・新井慎也特集!!!

下記リンクより、試聴可能となっております。

Spiral Groove[FM桐生]

f:id:dragontone:20220607232244j:image