Dragontone /石坂亥士

神楽太鼓奏者・石坂亥士のブログ

2024-04-01から1ヶ月間の記事一覧

衣装干し日和 -2024春-

なななんと!今回の2024年、春季例大祭の衣装干しから、神楽師的にかなり大きな変化が起こってしまったのだ!!!! まだまだ中堅と思っていたら、神楽師のトップでもある、会長になることになってしまったのだ。 歴代の会長からすると、年齢的にかなり若い…

梅田ふるさとセンター新たなる始まりとなるか!!!

4月28日の日曜日は、新緑の中「梅田ふるさとセンター」の新たな始まりとなる式典が開催された。 結果的に、日陰が大きな石の上しかなかったので、そこに神楽太鼓を置いての演奏となったのだった。 写真と動画は、遊びに来てくれた中島隆宏くんが送ってくれた…

4月28日は新たなる始まりの予感

地元のイベントに呼ばれることはあまり無いのだが、今回は不思議なご縁が繋がった。 イランから帰国してすぐの日曜に、友人のモーリーくんに誘われてジャガイモの植え付けに参加したのがきっかけとなり、梅田ふるさとセンターのリニューアルオープンの時に神…

虚空の響き

あるけどない・・・・ ないけどある・・・・ そんな感覚がしっくりくる響きがある。 高い山の頂を目指し、それぞれ違うルートで登り始めた者が途中で出会って、意気投合して共に頂を目指しすという表現がしっくりくる出会いが、今回ご一緒する殿元健照さんそ…

サヌカイトという石と音

19日は、高松サンポートホールでの公演のため、出演者スタッフ一同が高松に集結!!! となると、やはり昼はうどんとなるのは当然ということで、ホテル近くにある「ちくせい」なる老舗うどん屋さんへ。 ここが、また美味しかった。自分でうどん玉をお湯で温…

異響同塵の時空

浜辺のサヌカイトプロジェクトは、非公開で行われ、ある種秘密の儀式的演奏だった。砂浜に描かれた螺旋模様の中心に突き立てられた一本のサヌカイトが、月と通信している様にも感じられたのが印象的だった。 コンサートホールで、どんなことになるのかと思っ…

神楽を終えて京都へ!!!

4月15日は、春季例大祭本祭りでの神楽の上演を終えた後からがなかなかにハードだった。 その日の深夜、友人の小林さんと京都を目指して出発したのでありました。 うちの神楽では、神前に奉納されたお酒を、「白黒翁三番叟」の奉納が終えてから、「さんばのお…

賀茂神社春季例大祭2024

笛の師匠が今回から居ないことで、大きな喪失感はあるものの、残った神楽師が志を同じくして今回の春季例大祭に臨むことができた様に思う。 新しく始まる時は、何か大きなエネルギーが必要となる!!! そんな意味も含め、神楽師を取り巻くサポーターが少し…

神楽は淡々と流れゆく・・・

3月1日は、神楽の練習日だったが、その日にイランツアーへ旅立つスケジュールだったので練習の時は空の上だった。 イスタンブールでのトランジットの時に、神楽師の笛の師匠の訃報が飛び込んできた。 人は、いつかはその時が来るとは言え、俺が神楽師になっ…

本日のSpiral Groove [2024.04.10.]

告知が本当にギリギリとなってしまったのだが、今日はとてもウキウキワクワクな日なのである。 尊敬できる音楽家とのセッションほど楽しみなものはないのだ!!! 本日のFM桐生21時からの生放送での即興セッションが行われる予定なのだ!!! そのゲストは、…

久々の更新

氣がつけば4月になっており、桜も満開だ。 3月は、イランから帰国して様々な出来事が経過して行き、かなり密度の濃い日々を過ごしていたのは事実だ。 イランでの体験と、旅の疲れも手伝って、日本でのネット関係の過ごし方を忘れてしまったのかもしれない。 …