Dragontone /石坂亥士

神楽太鼓奏者・石坂亥士のブログ

森は静かに動いている。

18日の月曜日に、久しぶりに特別養護老人ホームえいめいでのワークショップがあり、その時の記録として今日はブログにアップしております。
 
「森は静かに動いている。」
という出だしから始まる、以下の映像作家の岡安君のfacebookの記事を以下に転写させてもらいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森は静かに動いている。

昨日は5ヶ月ぶりのアーツ前橋「表現の森」特別養護老人ホームえいめいでの、石坂亥士さん・山賀ざくろさんによる活動の動画記録だった(リンク先は昨年の記録)。

老人たちと正面から向き合って演奏する・正面から働きかけることをしてみた。亥士さんざくろさん共通の変化だった。特別養護での活動も一年以上が過ぎ、即興ではあるものの変化は起きている。

「人間の心臓は三拍子。それでいくといいみたい。今日はリズムを使って、スイッチを入れることを心がけた。一度入ったスイッチは、切れない」

今日の亥士さんの言葉。終盤、彼は古い太鼓を打ち鳴らしながら会場を回った。身動きが出来ない老人もいるが、手元のマラカスを振り続けるおばあさんもいる。亥士さんに向かい挑発的に楽器を突きつけるおじいさんもいる。個々と向き合いながら、全体の温度が上げていくかのようだった。

その効果なのかどうかはわからないが、今日は老人同士で楽器を鳴らして笑ったり(これは特養ではなくデイサービスから来たのわりと元気な方たちだったようだが)、楽器を机の向こうの老人へ投げて、相手も投げ返したりと、老人同士の関わりもいつもよりあったように思う。

そして大げさに言えば、楽器を鳴らせない、目で亥士さんやざくろさんを追えるか追えないかの老人たちも、温度が上がっているかのように思えた。全て主観でしか言えないのだけど、場全体が目ではわからないくらいゆっくりと動いているような・・今までとは違う何かが起こったような気がした。

それだから演奏を終えた直後、汗だくの亥士さんにカメラ越しでつい「今日どうでしたか?」と聞いてしまった。そこで出たのが、「今日は色々試してみた。心臓は三拍子だから・・」という言葉だった。それを聞いて思わず「新しい気がしました」と言ってしまった。自分で言っておきながら、なんと間の抜けた言葉だろう、と思いながら。

えいめいでの活動は、今年もあと数回続く。今日感じたものは明らかにアートでしかなし得にくい領域の事象だったと思いつつも、それが社会的に何に役立つのかは、相変わらず言葉にするのが難しい。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

映像作家だからこそ持てる視点のものでもあるし、非常に興味深い。
 
このチームえいめいは、特別養護老人ホーム(以下、特養)へ押し売りとまではいかないが、押しかけていくのです!!!
勿論、コーディネートしてくれる木村さんが施設との調整をしてくれて、円滑に物事は進んでいきますが。
 
初めて、この特養の施設へ足を踏み入れた時、「これは、バックギヤに入れて速攻で後退!!!」という空気に満ちていた。。。
 
しかし、元来難しい方向へ舵を切っていく習性を変えることができなく、「ここには何かあるな!?」という直感で、この特養でのワークショプが始まっていったのだった。
 
これは、一般的な見方ではなく、あくまでも表現者と言う立場からの視点で、もの凄くやりにくい対象という印象でしかなかった。何と言っていいか、上手い例えが見つからないが、自分の知っている表現としては、こんな感じだったろうかと思う。
 
ある時、実家で飼っていた老犬の「ブン」の鎖が取れて、脱走してしまい、何日も見つからなかった。最終的には、警察が保護して保健所へ連れていかれ、檻に入れられていたとのこと。
それを、父が迎えに行って、檻の中のブンと対面した時には、ほぼ無反応で、外に出てようやく「おっ、元気出て来た!!!!」という風に走り廻ったという話が思い出されたのだ。
 
まさに、最初にこの特養を訪れた時に感じたのが、あまりにも「無」という表現が当てはまり、父がブンと対面した時は、こんな感じだったのかな・・・・???という無な空気感だったのだ。
 
それが、回を追うごとにその空気感も含めおじいちゃん、おばあちゃんの雰囲気も歓迎ムードな、あたたかなものに変化してきた感じがしているのだ。
 
勿論、こんな事に一切興味は無い!!!と憮然とした態度の方も居るが、そんなことは、俺やざくろさんの知った事ではないのである。(ざくろさんは、少しは気にしているかもしれないが・・・)
 
慰問の演奏や発表などは時々あるとのことだが、「チームえいめい」でのワークショップは、慰問なんて生易しいもんではないのである!!!
 
これは、表現者生命を賭けたある種の真剣勝負なのでもあり、言葉というものを自由に操れなくなった方々の感覚は冴えまくっているのだ!!!
 
外見や雰囲気に騙されてはいけないのである。全ての方々がそうとは言い切れないが、伊達に歳はくってないのが年寄りであり、昔であれば、長老として、それぞれのコミュニティに君臨していたであろう方々なのだ!
 
今回は、そんな片鱗を垣間見た感じがして、「おうっ、ようやくこの感覚が掴めたか!!!」と言われている氣さえしてしまった。
 
実際に、いつも俺の太鼓と違うリズムを手で叩いているおばあちゃんからは、「がんばぁれぇ!がんばぁれぇ!」と応援されてしまった。
 
「チームえいめい」で関わっているこの特養のワークショップは、今、自分に課された課題の様な氣もしてしまうくらい白熱した現場なのである。
 
岡安君の映像
それを、父が迎えに行って、檻の中のブンと対面した時には、ほぼ無反応で、外に出てようやく「おっ、元気出て来た!!!!」という風に走り廻ったという話が思い出されたのだ。
 
まさに、最初にこの特養を訪れた時に感じたのが、あまりにも「無」という表現が当てはまり、父がブンと対面した時は、こんな感じだったのかな・・・・???という無な空気感だったのだ。
 
それが、回を追うごとにその空気感も含めおじいちゃん、おばあちゃんの雰囲気も歓迎ムードな、あたたかなものに変化してきた感じがしているのだ。
 
勿論、こんな事に一切興味は無い!!!と憮然とした態度の方も居るが、そんなことは、俺やざくろさんの知った事ではないのである。(ざくろさんは、少しは気にしているかもしれないが・・・)
 
慰問の演奏や発表などは時々あるとのことだが、「チームえいめい」でのワークショップは、慰問なんて生易しいもんではないのである!!!
 
これは、表現者生命を賭けたある種の真剣勝負なのでもあり、言葉というものを自由に操れなくなった方々の感覚は冴えまくっているのだ!!!
 
外見や雰囲気に騙されてはいけないのである。全ての方々がそうとは言い切れないが、伊達に歳はくってないのが年寄りであり、昔であれば、長老として、それぞれのコミュニティに君臨していたであろう方々なのだ!
 
今回は、そんな片鱗を垣間見た感じがして、「おうっ、ようやくこの感覚が掴めたか!!!」と言われている氣さえしてしまった。
 
実際に、いつも俺の太鼓と違うリズムを手で叩いているおばあちゃんからは、「がんばぁれぇ!がんばぁれぇ!」と応援されてしまった。
 
「チームえいめい」で関わっているこの特養のワークショップは、今、自分に課された課題の様な氣もしてしまうくらい白熱した現場なのである。
 
岡安君の映像
 岡安君の編集してくれた映像を見返してみると、今回のそれぞれのご老人の反応は、継続していたからこその、積み重なった反応でもあった可能性も感じとれ、何が正解かは分からないが、個人的には、彼らと音を介してやり取りしている時に生じる、良い演奏家との即興セッションの時に感じる音のやり取りの妙味があり、その感覚は間違いなくお互いが共有できている様に思える。
 
おそらく、この特養の方々の大半はその感覚もリセットされ、次回行く時には、新鮮な出会いに感じてくれているかもしれないが、自転車には、一度乗れれば、その後も乗れるのと同じく、この即興の音のやりとりの感覚を自然と身体と心が覚えていてくれるのかもしれないかな・・・。
 
まあ、そんなことはどうでもいいことで、フラットな身体と心で、その日・その場所に「チームえいめい」が行って、音や動きを介して交流するということと、それにプラスして、季節と心身と音や楽器の絶妙なバランス感ということな氣がする今日この頃であります。

大切にしたいこと[2012.07.01. Calmさんからの手紙]

今回の記事は、以前書いていたブログ、Dragontoneで一度書いた2012年7月1日記事の転写です。本来なら、その記事のリンクを貼れば済む話なのですが、実は、そのブログはもうこのネットの世界には存在していません。

相当な量の記事を書いたのですが、ハッキングの被害にあってしまい、もう面倒くさいので、いろいろなタイミングと新たなスタートだ!と思い、自分のパソコンに記録用に残して、借りていたサーバーを解約してしまったのです。

どうして、この記事をあらためてアップするかというと、本日のFM桐生で21時よりの自分の番組[Spiral Groove]の生放送で、このアルバムを流そうかと思ったからなのです。

以下のアプリで試聴可能です。

FM桐生

 

f:id:dragontone:20180620192915j:plain

数日前、買いたかったのだが、買いそびれてしまったアルバムをアマゾンで注文した。

今日帰ってきたら、そのアルバムが届いていたので、早速聴いてみる事に!!!

Calm presents K.F./From Dusk Till Dawn」

Calmさんの最新アルバムである。

Calmさんとは、2002年に彼の別名義、Organ Languageというプロジェクトでご一緒させてもらったのが縁で、それ以来気に入って、アルバムが出るのを楽しみに買っているのだ。

当時は、クラブミュージックを聴く事も無かったのだが、偶然CD屋さんで流れていた、Organ Languageのアルバムを聴いて、「これいいなあ!」と店員さんに確認して、アルバムを買ってみたら、とても良いので、ちょっとコンタクトをとってみたら、いきなりライブに出る事になり、当時の新宿リキッドルームという場所で、初めて自分の神楽太鼓の音が巨大なスピーカから大音量で流れ、地面が揺れる様な体験をしたのを思い出す。

今回のアルバムは、相当に良いです!!!

なんだか音の厚さが違っている感じだなあと思ったら、その辺の事が、サイトに載ってました。
http://music-conception.com/calm/sp/dusktilldawn/#

CDケースを開くと、「〜このアルバムを聴いてくれる我が良き友へ〜」と、Calmさんからのメッセージが書かれたものが入っており、その内容は、自分の考えとも共感するものが多くあり、アルバムを通して、こんなメッセージを伝えるってのは、なんだかとても良いなあ、と思ったのでした。

その文面は、ネット等に掲載せずに、アルバムを聴いてくれる方だけが読んでくれたらいい!というもので、その部分も非常に共感できます。

mp3が全盛の今日、人の耳は退化する一方かと思われ、持ち歩きや整理にはとても便利だと言えるのですが、それだけではなあ・・・、という感じかと。

俺も音楽家なので、積極的にCDを買う様にしているわけです。自分もアルバムを作っているので、それを買ってもらえるという事がどれだけ嬉しい事なのかも分かり、mp3などのデーターとCDの現物は別物であるという事なのです。

アナログ盤からCDになり、便利さと引き換えに音質を下げ、CDからmp3へ。進化なのか退化なのか、判断の難しいところではある。

神楽太鼓やゴングなどは、実際に聴くにこしたことはないが、現在、昨日の新月神楽をライブアルバムにするべく、音源のニュアンスを検討している最中なのだ。

一つの自分の中の記憶と、その時のある瞬間を収めたものとして、発表しておきたいということなのだ。

Calmさんの様に、シーンを牽引していくアーティストがこういった形でアルバムを出してくれる事は、非常にありがたい事だと思う。

この、Calm presents K.F./From Dusk Till Dawnというアルバム、今後しばらく聴く事になりそうである。

Calm Official Website  http://www.music-conception.com/calm/

古の富士矢の工具に出逢う。。。

富士矢というブランドは、???な方が多いとは思うが、職人の使う工具のブランドとしては、一流なのであります!

何と言っても富士山に矢をモチーフにしたブランドデザインが素敵で、若い頃、職人仕事をしていた頃から、信頼のおける工具メーカーなのです。

この箱、結構ボロボロで、崩壊寸前な状態。。。

ということは、相当古いものらしい。

f:id:dragontone:20180619212820j:image

桐生市錦町にある佐久間商店さんが、今月末で閉店するとのことで、最後に購入してきた一品なのであります。

富士矢の小型ニッパーNO.60!

f:id:dragontone:20180619212816j:image 

桐生の最高峰の刃物屋さんの店仕舞いなので、記念に工具をひとつ手元に置いておきたいなぁと、手に入れてきた一品!!!

f:id:dragontone:20180619220505j:image

そして只今、梅雨時真っ最中!!!

f:id:dragontone:20180619214650j:image

紫陽花が、本当にキラキラしている様に美しく見える時期でもあるそんな梅雨時に、今年度のチームえいめいの仕事がはじまった。

特別養護老人ホームのえいめいでの、ワークショップである。

今年の1月に行って以来なので、結構間時間が空いたての開催。ワークショップを開始してから、何人かのお年寄りが旅立っていったのも事実で、まさに一期一会な濃密な時間なのである。

f:id:dragontone:20180619220619j:image

この期間の空いた時期に、自分でもいろいろな経験もあり、今回は、楽器的にも古いものを持って行ってみようと、当日閃いたのだ!!!

これは、某オークションでたまたま落札できた、アフリカの古い時代のジンベだ。

オークションでは、こんな歪な打面に写っていなくて、来てみてビックリな一品だった。しかし、この歪さが音の響きに複雑なフィルターをかけるカタチとなり、なかなかまろやかな低音と気持ちよい中音が生み出されるのである。

歳を重ねたお年寄りには、楽器も歳月が経過したものが好ましいかというチョイスが、今回は、とてもうまいことはまったカタチのワークショップとなったのだった。
f:id:dragontone:20180619220626j:image

そして、動くと音が鳴る仕様として装飾音用に、肩からかける亀のマラカスと古い鈴と古い馬鈴。

この亀のマラカスは、メキシコの秘境の儀式で仕様されるものと思われるもの。おそらく、動物の仮面をつけて、何日も走り回る儀式の時に腰に付けられていたものではないか?と推測している一品。

リクガメ系の亀と思うが、その中身をくりぬいて、中に小石を入れてあり、非常に良い響きなのである。

今は無くなってしまった、メキシコ・フォナートジャパンで手に入れたものだ。
f:id:dragontone:20180619220640j:image

やはり、子ども同様、造形的に興味深いものには魅かれる様で、この瓢箪に貝殻を配置したシェケレも結構な確立でお気に入りとなっていた。。。
f:id:dragontone:20180619220634j:image

こちらのカラバス(瓢箪)を半分にして鍵盤をつけた親指ピアノは、ざくろさんが上手い事使って、盛り上がっていた!!!

お年寄りから見ると、ヘルメットに見えるらしく、頭にのせたりして、みんな笑顔となっておりました。
f:id:dragontone:20180619220612j:image

毎回、何かを発見していくワークショップではあるのだが、今回は、対個人へと相当動いて、今までで一番汗をかいた回となった。

 

冒頭部分では、本当にゆっくりとジワジワと何かが浸透していく感じだった。

盛り上がる必要もないのだが、なんだか今回はだんだんと会場の空気やお年寄りの興味の感覚が盛り上がりをみせていった。

通奏低音の様に、俺が古のジンベで踊るでも踊らないでもない程よい加減の心地良いリズムを刻んでいく。

いろいろと試してみると、どうやら3拍子系のリズムがお年寄りには心地良いらしい。

そんな中、視界の片隅に、ガラガラを手にした、おじいちゃんが、眼光鋭く俺の方を見つめて、そのガラガラを歯切れ良く振るではないか!!!

ちょうど、その様を記録の岡安君がいち早く付き、「こっち、こっち!!!」と教えてくれている。

逆方向では、ざくろさんがおばあちゃん達と戯れているかの、キャピキャピした世界が展開している。。。。

小さい楽器を最適な場所に置いて配ってくれるスタッフさんや、チームえいめいのメンバー。

それぞれが、それぞれの役割を受け持ちつつ、非常に興味深い世界が展開されていくこと40分と少し。

なんだか、みんな新たな感覚を感じつつ、久々のえいめいでのワークショップは幕を閉じていったのでありました。

 

次回、会えない方もいるかもしれない状況は、より一期一会をということ、「今の瞬間」を意識できる、そんな時間を自分たちに与えてくれている氣もしたのでありました。

 

次回は、8月。

 

季節と音の関係が、何気に結構楽器を選ぶ上で影響があるのが、非常に興味深いのである。

 

帰国の飛行機で・・・

ヒースロー空港までは、山ちゃんの運転で少し早目に到着できた。

うさぶろうさん、山ちゃんの二人は、これから来年にかけての打ち合わせで、13時半位の便でポーランドへ向かうので、昼前には、それぞれの旅路へということで、しばしの別れの挨拶を交わしたのだったが、それからが長かった。。。

f:id:dragontone:20180615130142j:image

俺の飛行機は、18:20発。荷物を預けるのも14:00以降しか難しいとのことで、ベンチに座ってしばらく休憩となった。

なかなか、何もしないで居ることが無いので、貴重な時間ではあったが、あの素敵な切り株の椅子とは違い、場所も場所なので、座る場所があるだけラッキーというくらいなもんである。

達人になれば、どこでも自然の中の様に心地よい感覚を再現できるのかもしれないが、まだその域には程遠かった。。。

f:id:dragontone:20180615130016j:image

飛行機では、いろいろな映画を見ることができる。そんな中で、アジア映画コーナーがあり、「今夜、ロマンス劇場で」という日本に居れば、まず見ないであろう映画だったが、眼を見張る瞬間が!!!

なんと、いつもライブをしている桐生市有鄰館がいきなり出現したのだ!!!

この映画の出演者の中で、一番面白い役をやっていた、北村一輝さんが映画スター役で、その映画がクランクアップするシーンに有鄰館が出現したのだった!

思わず写真を撮ってしまった。

北村一輝さんは、「猫侍」というドラマで猫が好きではなかったのに好きになってしまった斑目久太郎役を演じていて、よく知っていた。

ある時期まで時代劇が大好きだったが、名俳優さん達が次々と旅立ってしまい、見たい時代劇が減ってしまった中、面白く見ていたものだった。

テレビ東京さすが!!!という風で、本格時代劇ではなく、お気楽時代劇ではあるが、この感覚が楽しい。

猫侍

f:id:dragontone:20180615140703j:image

香港までは、無事に到着!香港からは、やはり天候が荒れて、少し出発が遅れることに。

行きの時と同じく、香港の龍神健在だったが、帰りは見送ってくれた感じだろうか。

無事に成田に到着して、駐車場のバスもちょうど良いタイミングで迎えに来てくれて、全てがスムーズだった。

 

なんといっても、無事に帰国できて、ありがたい限りであります!

 

今月末には、KNOBさんとのセッション!夏越の大祓があるので、氣を引き締めていかねば!

 

 

気がつけば、これからヒースロー空港へ。。。

もう帰国か!?というほどに、あっという間のイギリス滞在だったが、9月の下見と、少しデモンストレーションもできて、なかなか意味のある時間となりました。

f:id:dragontone:20180612134829j:image

とにかく、宿舎の前にある椅子が気に入ってしまった!
f:id:dragontone:20180612134822j:image

ひとまず、気に入った写真をアップしておこうかと。
f:id:dragontone:20180612134747j:image

この後、みんなそれぞれの旅路となる。うさぶろうさんと山ちゃんは、ポーランドへ!KNOBさんとあきちゃんは、数日残ってゆっくりするとのこと。こっちに来て初めて知ったそれぞれの旅路でありました。

f:id:dragontone:20180612134838j:image

みんなで同時帰国かと思いきや、うさと座、面白過ぎるなぁ。

f:id:dragontone:20180612134737j:image
f:id:dragontone:20180612134727j:image
f:id:dragontone:20180612134759j:image

f:id:dragontone:20180612134803j:image
f:id:dragontone:20180612134742j:image

f:id:dragontone:20180612194349j:image

演奏風景は、Yukiさん、集合写真は、Mihoさんの、facebookからそれぞれ拝借しております。

集合写真に写る89歳のピートとは、やけに仲良くなり、「ブラザー!」と呼び合う仲になってしまった。

なんでも、三年間寝起きを共にした戦友にそっくりなんだとか。

英語は片言なので、目と目がで何となくお互いを語り合った感じで、言葉ではない何かで繋がった感覚だった。

そして、ブラザーとは、9月の再会を約束したのだった!
f:id:dragontone:20180612194338j:image

空気の密度や日の光の具合が日本とは違うからなのか、異国の植生は、やはり興味深く見えて、ついつい写真を撮ってしまう。

f:id:dragontone:20180612134833j:image
f:id:dragontone:20180612134817j:image

木で作られたトラクターは、大人が普通に乗ってもビクともしない頑丈な造りで、KNOBさんと二人乗りをしてしまったほど。
f:id:dragontone:20180612134752j:image
f:id:dragontone:20180612134811j:image

良い旅でした!

お世話になったみなさん、どうもありがとうございました。

サウス・ナイトン方面に。。。

昨夜は、Hannahs at Seale-Hayneの宿泊施設に泊まった。

寮の一室の雰囲気のある簡素な部屋だが、無駄なものが一切なくて、なかなか快適に過ごせる部屋だった。

ロンドンから、車で3時間ほど離れた場所で、緑が豊かな牧草地帯。

朝は、鳥の鳴き声で目が覚めるという、爽やかさだった!!!

窓は、古の雰囲気だが、これはこれで良い感じである。

f:id:dragontone:20180611154824j:image

何気なく置かれたこの椅子が素晴らしくて、じっくり眺めてしまった。

なんの木かハッキリわからないが、オーク系の硬質な木の根元のあたりを無垢で使って座れる様にしてあるのだ!!!

座り心地も素晴らしく気持ち良くて、凄まじい存在感である。

f:id:dragontone:20180611154129j:image

今日は、この建物でうさとの服の展示会と、この中庭で演奏があるのである。
f:id:dragontone:20180611154134j:image

やはり石造りの建物と蔦のバランスは、最強!と言わんばかりの入り口が出迎えてくれる。
f:id:dragontone:20180611154139j:image

アップにして切り取ってみれば、一枚の絵画のようでもある。
f:id:dragontone:20180611154114j:image

そして、朝、散歩をしていたら、空からこんな羽根が、ヒラヒラと落ちてきたのだ!

実は、羽根好きなので、朝からもの凄く幸せな気分になってしまった!!!
f:id:dragontone:20180611154101j:image
f:id:dragontone:20180611154121j:image
f:id:dragontone:20180611154107j:image
f:id:dragontone:20180611154054j:image

早起きは、三文の得とはよく言うが、幻想的な朝陽を堪能でき、幸先良いスタートとなりました!

ロンドン二日目は、楽器に出会う事に!

ロンドンと言えば、この黒いタクシーだが、こんな日本のバンの様な車も普通に停まっている。

ビックリするのは、当たり前に黄色いモンスターカーが路駐してあるのだ。

速く走るためにデザインされた車体は、素晴らしい機能美で、圧倒されるが、個人的には、黒タクの方が好きだなぁ。

f:id:dragontone:20180610145536j:image

街中には木々も多くあり、上手いこと植物と街が融合している感じもする。頭上にはこんな花の鉢が。
f:id:dragontone:20180610145618j:image

と、思えばボディーガードの様な男性が花柄のスーツ姿で立っているのも興味深い。
f:id:dragontone:20180610145636j:image

街角の風景と落書きまで、上手いバランスに見えてくる。
f:id:dragontone:20180610145604j:image

9月のツアーでお世話になる、ゆきさんが、みんなに紹介したい友人がいるとのことで、お宅に遊びに行ったら、興味深い楽器が!!!

アメリカの古いカウベル

古くなり固さの取れた丸い音だが、音量は結構あり、雑多な大音量で、アメリカ的だなぁ。。。という印象だった。

やはり、国によって、同じ構造でも音には国柄が反映されるもんだ。
f:id:dragontone:20180610145550j:image

いやぁー!この鹿の角笛がとてもいい感じだった。牧草犬用と言っていた気がするが、これは、帰国したら自分で作って持ち歩きたい衝動に駆られてしまった。

角の質感が素敵な一品!!!
f:id:dragontone:20180610145632j:image

そして、セネガルのジンベが。。。

日本フィルでも指揮者をしているというマイケルさんが、現地から持ってきたとのこと。

良い形で、皮も良いのが張られている!
f:id:dragontone:20180610145556j:image

カップ部分が豊かな丸みをおびて、レッグ部分につながる穴が、絶妙な大きさで、上のカップ部分で混ざり合った音が、圧縮されて気持ち良い低音となって出でくるのだ!
f:id:dragontone:20180610145613j:image

奥さんのキャロルさんは、シャネルの縫製もしていたほどの腕前で、服を作っている。下の電話線のワイヤワークのスーツも彼女の作品!

日本製のハサミが物凄い存在感だった。

素敵なご夫婦と知り合うことができて、楽器とも出会えて、嬉しい時間だった。
f:id:dragontone:20180610150141j:image

お昼は、イギリスの伝統的な料理のフィッシュ&チップスを堪能!!!

f:id:dragontone:20180610145844j:image

このお店のフィッシュ&チップスは、美味しいらしく、確かに、昨年食べたのより美味しかった!

これでレギュラーサイズなのだが、お腹いっぱいとなり、これが二日目のランチとなりました。

f:id:dragontone:20180610145541j:image
ようやく少し、身体がイギリスに馴染んできたかなぁぁぁという感じであります。