Dragontone /石坂亥士

神楽太鼓奏者・石坂亥士のブログ

親子ワークショップ@前橋から都内の保育園ワークショップへ

2019年初となる、親子ワークショップが20日に開催された。

昨年の秋から、ダンサーの山賀ざくろさんと一緒に月一で始まったわけだが、流動的でありつつも、少しずつ参加してくれる方が増えてきている。

f:id:dragontone:20190122081101j:image

ざくろさんとふたりでナビゲートしていくので、非常に参加しやすい内容なのも、リピーター含め参加者が増えている一因なんだろうなあ、と思う。
f:id:dragontone:20190122081106j:image

親子だけでは体験できない、不特定多数の他者との関わりが生み出す、興味深い空間なのかもしれない。

挨拶もなく、なんとなく始まって、毎回違う流れが起きて、終わる。とてもシンプルで楽しい時間でもあるのである。

小さな子たちが、楽器の持つ質感や音を、直接確かめることができるのは、とても楽しいんだと思うのです。そして、動く!!!まあ、みんなで遊んでいるようなもんかもしれない・・・が。

f:id:dragontone:20190123223104j:image

最後には、一応挨拶するのだが、少年は何故か空飛ぶポーズをとっていたのが印象的で、それぞれの子の個性がいろいろと見えて、とても面白く、学校と真逆に、それぞれの個性を開放してくれる方がとても面白いのである。

 

そして、「こんなワークショップを通して、自分たちと一緒に楽しめる仲間が増えたらいいよね!」とざくろさんとは話しているので、今後も、月一で開催していく方向であります。

来月以降の予定→2月17日(日)、3月16日(土)、4月20日(土)。

詳細は、以下リンクのブログにて!!!

◎打楽器たたいて、ダンスして、カラダで遊ぼう!

f:id:dragontone:20190123115414j:image

そして、彼ら(楽器たち)の旅は続き、昨日は、芸術家と子どもたちがコーディネートする都内の保育園でのワークショップだった。

毎回、楽器を配置するのが、結構面白かったりする。

その場との相性や、それぞれの楽器の微妙な存在感の違いと見え方などで決めていく。

f:id:dragontone:20190123115215j:image

以前は、バラフォンの上に鳴り物系の小さい楽器類を置いていたのだが、最近は、少し自分の感覚が変化してきているようで、わりと最前列に小物系を置く事が多い。そんな自分の変化も面白いもんなのである。
f:id:dragontone:20190123115237j:image

とにかく、何かが始まりそうな雰囲気を作るのがポイントだと思ってセッティングしておる。

やはり、顔あるがスリットドラム(木製の切り込みのある打楽器)の存在感は、半端じゃない!

次いで、バリ島のガムランで使われる、リズムをキープするチェンチェン!亀の背中にシンバルが複数付いていて、演奏の仕方によっては、その造形からは、想像しにくい位、強烈な音が出るのだ。そして、アジアの宇宙観にある、聖なる生き物の亀をモチーフにしたという、なかなか聖なる楽器なのである!!!


f:id:dragontone:20190123115231j:image

ニシキヘビの皮を張ったかわいい太鼓。お土産品っぽくてチープなのだが、結構使えるヤツなのだ。

f:id:dragontone:20190123115225j:image

打楽器が多いのだが、今回はシンギングボウルも追加してみた。子どもには使いにくいものだが、摩擦した振動が共振して音が増幅していく。聞き耳を立てると相当な低音が鳴っているのだ。

このシンギングボウルは、チベットやネパールで使われる法具だ。7メタルと言って、7つの金属から出来ている。

そして、それぞれの金属が、宇宙の惑星と対応しているという、なんとも壮大な法具なのである。なので、その音は宇宙の音とも言えるのだ。

金(太陽)、銀(月)、水銀(水星)、銅(火星)、鉄(金星)、錫(木星)、鉛(土星)、真鍮(地球)、と配合の割合はそれぞれだろうが、7つの金属が融合されてひとつの楽器になっているというのは、個人的に非常に興味深いと思っているのである。
f:id:dragontone:20190123115220j:image

年中の子どもたちがホールで待っていて、俺が子どもたちの後から演奏しながら入場する。盛り上がりつつも、泣き出す子も出る、少々のカオス状態がしばし続く。。。

これが、良いのである。泣いた子も途中からは楽しく参加していたし、担任の先生も積極的に参加してくれて、もの凄く楽しいカオス状態が盛り上がっていく。

俺が音のベースを作って、その中でみんなが遊ぶ感じで展開していると、俺の叩いているジンベをやりたい!という子どもがやって来て、交代して!と言う。

最近は、こんな時にすぐに、その子と交代してしまうことにしている。一瞬にして会場を包んでいた音は無くなる。。。。が、しかし、次の何かが生まれるきかっけとなるのである。

保育園や幼稚園でのワークショップでは、そんなスリリングなやりとりが、面白くて仕方がないのである。

60分〜90分という予定で始まったワークショップは、90分では終わらず、子どもたちのエネルギーは加速していったのだった。

良い音が鳴るとついつい・・・・

ここ数日、いろいろな予定や連絡が目白押しとなっていて、こういったタイミングの時もあるんだなあ、と感じている今日この頃。

そして、本日はお日柄も良く、という感じに、少し河原に立ち寄ったら、なかなか帰れなくなり、帰りには2キロほどの石を持っていたという始末・・・。

まあ、しかし良い景色を見ることもできて、楽しい時間でありました。

f:id:dragontone:20190119232633j:image

木のてっぺんに止まる鷺が、黄金比の様に美しく見える。自然の中にある存在は、その姿も普通に美しいものなんだなあと思える瞬間だった。
f:id:dragontone:20190119232644j:image

河原之入り口に咲きほこる蠟梅が、良い匂いを漂わせている。
f:id:dragontone:20190119232649j:image

この時期は、野に咲く花が少ないので、この渋目な蠟梅の花にも目が魅かれる。

本当に、名前の如く、花びらが蠟細工の様に見える。
f:id:dragontone:20190119232654j:image

夕暮れに、今日の戦利品の石達の音を確認してみたが、結構良い感じなので、今後の公演の時にどこかのタイミングで使えるかもしれないなあ・・・と。
f:id:dragontone:20190119232707j:image

バチ用の長い石を立ててみたら、なんとなく古代の祭儀場の様にも見えて来る。
f:id:dragontone:20190119232627j:image

夕方の公園に、男がひとり座って石を叩く姿は、違和感の固まりでしかないので、人が居なくなって宵闇が降りて来るひと時、石の音を確認がてらしばし並べ方など試行錯誤してみたのである。

夕方から夜へと移り変わっていくひと時の空模様は、また格別で、刻々と変化していく。
f:id:dragontone:20190119232638j:image

気がつけば、背後には樹木越しに月が見守ってくれていた。

確か、満月は明後日だっただろうか、やけに明るい月あかりだった。
f:id:dragontone:20190119232702j:image

新春ワークショップ開催!!!

2019年も、前橋での親子ワークショップが継続されます!!!

今年初の日程は、20日の午前中に変更となってますが、タイミング合う方は、是非ご参加ください!!!

現役のパーカッショニストとダンサーがナビゲートするワークショップは、他ではなかなかありません。

詳細は、写真の下にざくろさんの投稿より転写しましたので、ご参照ください。

f:id:dragontone:20190116192342j:image

🥁 世界の民族楽器をたたいて音を出したり、
💁‍♂️ いろいろなからだの動きをマネしてみたり、
🌈 自由に表現する楽しさを体験してみましょう!
🤩 石坂亥士と山賀ざくろがやさしくナビゲートします!

日 時:1月20日(日)午前10時30分~11時30分
会 場:前橋市第一コミュニティーセンター 2Fホール
    前橋市大手町二丁目16番4号(前橋市立桃井小学校に併設)
対 象:幼児~小中学生・保護者
参加費:1人1,000円《見学無料》

※同居の家族が3人以上参加の場合は3人目以降は1人500円

※こどもだけの参加でもOKですが、打楽器の演奏などでできるだけ
 親御さんもご参加ください!

※お申し込みは、参加者全員の氏名、性別、お子様の年齢(学年)、
 メールアドレス、電話番号を以下のアドレスまでメールでお申し込 
 みください。参加費は当日会場でお支払いください。

お申し込み・お問い合わせ:
zakuro@smile.ocn.ne.jp 090-3595-4464(山賀)

◎今後の予定(全日午後2時~3時 会場同じ)
 2月17日(日) 3月16日(土) 4月20日(土)
 ※実施日は都合により変更になる場合があります。 

久しぶりに意味のある記事を読んだ

写真家の藤原新也さんの名前は以前から知ってはいたが、あまりこういった文章を目にする機会は少なかった。

彼の文章の中に、イランで遊牧民と生活を共にした時の違和感・・・、というのがあった。

詳細は、以下の画像でも読めると思うので割愛させていただきたいが、羊の群れを追って移動する遊牧民は、他の羊が通った踏み跡は通らず、常に新しい道を選ぶのだとか。

何故かと言えば、前の群れが通った先にある草は、食べられてしまっているという現実があるのだ。

藤原新也さんの言葉では、「遊牧系の民族は、他者と異なる行動をとることが、生きるすべとなるということだ。」

日本では、なかなか難しいことかもしれないが、遊牧系で生きたいもんだなあ、と!!!

f:id:dragontone:20190116103927j:image

 

立春翌日は旧正月となり、連日の公演となりました!

2019年に入り、非常に意味のある時間を過ごしており、叩き初めも、薬師寺岐阜別院で行うことができて、とても縁起の良い始まりだった。

その足で、郡上八幡に住む師匠の土取さんにご挨拶もできて、非常に素晴らしすぎる年始となったのだ。

1月は、それほど忙しいわけではないので、淡々粛々と、今できることをしている日々であります。

来週からは、保育園でのワークショップなどが始まり、2月はなかなか忙しくなりそうな予感!!!

太田市在住の和紙灯り作家である青木さんが協力してくれることになり、今年の立春大吉ソロライブでは、お札の紙を自分で漉くことにしたのです!!!

これは、凝り過ぎなこと間違いないのだが、この「立春大吉ソロライブ」は、個人的に特別なものなので、一年に一度、自分の足元を見据える上で、非常に大切な会となっているのである。

しかし、フライヤーのポストカードを印刷したのはいいが、有鄰館の住所も入れず、人を呼ぶ氣がないのか!?という感じになってしまったが、是非とも、縁ある適度な人数の方々に来ていただきたいと思っております。

小学生以下無料と明記してますが、以前書いたブログには中学生以下無料と書いてしまったので、そのまま中学生以下無料、乳幼児入場可としちゃいます!!!

立春大吉」のお札は、基本的に入場料を払っていただいた方を優先させてもらいますが、枚数が足りれば、子どもたちにも渡したいと思っております。

詳細は、以下リンクのブログにて!!!

立春大吉2019 - Dragontone /石坂亥士

f:id:dragontone:20190115222644j:plain

さて、翌日は、盟友・宇佐見仁が主宰する、ウタマヒノツカサに出演となり、桐生での撤収を済ませて、その足で大宮へ向かうことになりそうなのであります。

立春から、旧正月というなんとも縁起の良い流れとなっており、これは良い流れだなあ、と思っております。

こちらの公演は、立春大吉ソロライブとは違って、普通の公演の様に前売りと当日で金額が違うので、ご注意ください。

氷川の杜の檜舞台は、なかなかに気持ちの良い場所であり、響きもなかなかです。

f:id:dragontone:20190115222331j:image
f:id:dragontone:20190115222337j:image

平成三十一年 二月五日(火)
開演十八時半〜 開場十八時
於 氷川の杜文化館 /埼玉県大宮市高鼻町262-1(大宮駅より徒歩15分)

前売 五千円 当日 五千五百円
お申込み お問い合わせ
香風舎(宇佐見、中村)
ko.fu.sha@gmail.com
主催 香風舎 共催 氷川の杜文化館・ Dragontone

添田啞蟬坊の隠遁の地を訪ねる!!!

先日、土取さんから「ちょっと調べてみてくれ!」と頼まれたのが、桐生での添田唖蝉坊の隠遁の地についてだった。

添田唖蝉坊という方は、明治・大正期の演歌師であった人物であり、その息子さんの知道さんが、土取さんのパートナーであった故・桃山晴衣さんに「演歌」を託したという経緯もあり、その意思を引き継いで、土取さんが現在進行形で、添田唖蝉坊・知道親子の演歌の系譜を、アルバムとして、今の世に送り出しているのである。

 

演歌と言えば、個人的には非常に好きな北島三郎さんが居る。まあ、彼のバックでだったら和太鼓でも何でも叩いてもいかな!?と思ってしまうのが・・・。(半分冗談、半分本気!)

そのサブちゃんの演歌とは、ちと違うということなのである。

演歌というのは、世の人々の生活が困窮しているのも政府と役人が悪い政治をしているから何とかしてほしいというメッセージと、また、自由民権運動の思想を分かりやすく庶民に広めるために編み出された歌なのであります。

 

世界的に見ても、相当な即興演奏のスペシャリストでもあり、フリージャズのレジェンドでもある土取さんが、今、何故にこの「演歌」を歌っているのか???と思うではありますが、土取さんが経験してきた音楽の背景には、この明治・大正期の演歌の精神というものが上手い事リンクしているんだろうなあ、と勝手に解釈している次第。

 

そして、全て語る必要も無いほどに、今の日本に「演歌」のスピリットが必要なんだと思えてならないのである。

 

桐生に添田唖蝉坊が隠遁していたというのも、何かの縁なのかもしれないなあ、と思いつつ、桐生の図書館へ行ってみたのである。

f:id:dragontone:20190114003639j:image

持ち出し不可の資料である、「桐生彩時記」に、「唖蝉坊と竹次郎稲荷」の一説があり、唖蝉坊が、桐生の小曽根町にあった、竹次郎稲荷の社務所で、隠遁生活を送っていたという下りがあった。

なんと平成になって、大川美術館の敷地が拡張される時に、この竹次郎稲荷と社務所は壊されてしまったらしい。

大川美術館に話を聞きに行ったら、図書館では見つけられなかった資料を見せてくれて、だいぶ立体的になってきたのだ。

ネットで調べるだけでは分からない事が、実際にその場所に行くと分かる事があるのは理解しつつも、今の世の中、ネット検索全盛の時代だ。

これは、自分でも気をつけなければいけないことだと肝に命じておきたいと、改めて思っていまったのだった。

そして、現在はその竹次郎稲荷は、市内の常祇稲荷に合祀され、常祇稲荷の参道の脇に小さな石塔が安置されている。
f:id:dragontone:20190114003650j:image
f:id:dragontone:20190114003709j:image

存在は、知っていて、その前を何度も通っていたのだが、初めて鳥居をくぐった。

年末に設置された茅の輪がまだあって、時空の扉があるかの如き、ちょっと不思議な空間の神社だったという印象。。。
f:id:dragontone:20190114003645j:image

伏見稲荷とまではいかないが、複数の朱色の鳥居をくぐり抜けるのは、なにやら不思議な感覚となってくる。
f:id:dragontone:20190114003659j:image

この手の柱の彫刻は、本当に素晴らしいなあ、と思う。たしか市内の日枝神社にもこんな彫刻の柱があったのを思い出す。
f:id:dragontone:20190114003655j:image

土取さんのおかげで、ほんの少しだが、郷土の歴史の片鱗を垣間見ることができ、なんだか楽しい時間を過ごすことができたのだった。
f:id:dragontone:20190114003704j:image

唖蝉坊が隠遁生活を送っていた竹次郎稲荷の社務所を「天龍居」とと名付けていたらしく、なんでも龍神の好きな方だったんだとか。

なんとなく、その人となりが分かってくると、また興味をそそられるもんだなあ、と思うのである。

 

 

そして、郡上八幡へ!!!

各務原薬師寺別院での初薬師は、午前中で終わったので、その後、師匠の土取さんに顔を見せるために、郡上八幡に向かう。

高速道路には、普段どこに居るんだ!?という程の、凄い車があったりする。

子どもの頃にスーパーカーブームで熱狂していた車に遭遇して、やけに嬉しくなってしまう。

f:id:dragontone:20190112215505j:image

あまりにも個性的なフォルムであり、子どもの頃に見たスパーカーの代名詞的存在。
f:id:dragontone:20190112215454j:image

ランボルギーニカウンタック!!!!」

走る事に特化し過ぎた、そのデザインは全く古さを感じさせない。さすがである。この猛牛のエンブレムもリアルで良い感じである。

f:id:dragontone:20190112215511j:image

俺のデリカスペースギアを、同じ白い車同士ということで、隣に並べてみたら、カウンタックの車高の低さは、もの凄くて、笑うしか無いほどに低く見える。
f:id:dragontone:20190112234752j:image

師匠には、たまに顔を見せておくもんだなあ、という風に、とても意味ある話を聞くこともでき、添田唖蝉坊が、桐生に隠遁していた時期があるとのことで、俺に、そのあたりの事を少し調べてほしいという流れとなったのだった。

そして、エヴァン・パーカーとウィリアム・パーカーと土取さんの即興セッションのアルバムをいただいてしまった。

この時は、ステージスタッフとして関わっていたので、感慨深い音に再会でき、その時の様子が思い出されてきた。

このお三方を、俺の車でホテルから送迎したのが、なんとも印象的だったなあ。。。

助手席に土取さん、後ろ座席にエヴァン・パーカーにウィリアム・パーカーだ!!!

世界的な即興演奏家3人と同じ空間を共有したのは、とても嬉しいことだった。まあ、セッションしたわけじゃないのだが、こういった桁外れな大御所連中は、その回りの空気も違って見えてしまうのが、不思議である。

f:id:dragontone:20190112215500j:image

ちょうど両国で、1月20日に、添田唖蝉坊・知道の演歌を歌うライブが開催される。入場料が、驚くことに1,000円というから豪儀である。

ご興味ある方は、以下のリンクよりチェックしてみていただきたい!!!

シアターΧ(カイ)|『唖蝉坊・知道の浅草を唄い語る』|東京両国の演劇芸術を中心とした劇場

f:id:dragontone:20190112215523j:image

郡上八幡は、水がとにかく綺麗なのである。宗祇水という名水100選の第一番に選ばれた湧き水があって、そこから少しいただいてきた。

土取さんと写真を撮ってなかったので、囲炉裏のところに吊るしてあった、郡上八幡の天才アーティスト(遊童館館主)水野正雄さんが、紙皿と紙コプで作った亥をパチリッと!!!

郡上八幡、またゆっくり行きたいなあ、と。

www.yudokan.jp