Dragontone /石坂亥士

神楽太鼓奏者・石坂亥士のブログ

最初の夜は、こじんまりした密度の濃い空間。

会場に足を踏み入れると、物腰柔らかいご主人が、いろいろと説明をしてくれた。 不思議な雰囲気の方だと思ったら、なんと舞踏家の山本萌さんという方で、会場となる蔵スタジオ×おけらCafeというスペースは、なんと金沢舞踏館の本拠地だったのだ!!! 舞踏の…

下道旅

14日、15日と金沢方面での演奏に、フルート奏者の上野さんに呼んでいただいた。 今年の夏、桐生の梅田の奥地でひっそり行われている、石鴨宵神楽に、はるばる下道で駆けつけてくれた上野さん。 彼から呼ばれたら、やっぱり下道か!? ということで、俺も下道…

金沢パーカッションフェスティバル2019

今週末は、いざ金沢へ!!! 様々なパーカッション(打楽器)のアンサンブルを展開する音楽祭「金沢パーカッションフェスティバル2019」に出演するのである。 フルート奏者の上野さんから誘っていただいた企画で、数日前までは、内容を把握してなかったほど…

日々の目線は変化していくもんである。

先月の20日は、毎年恒例となっている、えびす講でのえびす太鼓の奉納演奏があった。実は、毎年この時に幼なじみの「たかちゃん」が見に来てくれていて、「ひさしぶりだよねー!」という会話が毎年恒例ともなっている。 そんな「たかちゃん!」は、実は桐生…

月一親子ワークショップ in 桐生

2019年のラストとなる、親子ワークショップが、今度の日曜に開催!!! 前回は、子どもたちに、ジンベには乗られ、人間タワーにもなり、なかなかのハードなワークショップとなった。 「子ども大好き!!!」 というキャッチコピーが思い浮かんでしまうほどの…

渋目の紅葉が妙に美しい

きっと、いろいろなタイミングというものがあるんだろう。 10代の頃通っていた、大東文化大学高坂キャンパスは、埼玉県東松山市高坂にある。 そこから数分の岩殿観音へ。。。。 色鮮やかな紅葉だけがいいわけじゃないんだなあ、としみじみ感じ入ってしまった…

Kureru Inoshishi -暮れる亥-

今年は、ダンサーの山賀ざくろさんが還暦を迎えるという!おめでたい年でもあり、俺も亥年なのと、仲間の高峯君、あやちゃんと、年男年女として亥年を祝う機会を作ることになった。 9月に行われた「紅の亥-Kurenai no Inoshishi-」から始まり、10月には「十…

「暮れる亥」もしくは「暮れの亥」

亥年も、残すところあと一月とちょっと。。。 年男として、12年に一度の亥年の最後に、締めのライブをやっちゃおう!!! ということで、暮れも押し迫った、12月28日(土)の15時開演予定で、場所は、前橋第一コミュニティセンターにて開催決定!!! 詳細未…

ゑびす太鼓2019

11月20日、桐生のゑびす講にて、ゑびす太鼓の奉納を無事に終えることができた。 ゑびす講は、桐生西宮神社の祭礼だが、美和神社の境内にある神楽殿での奉納演奏となっている。 何故かと言えば、西宮神社が美和神社の境内社ということで、美和神社の境内を中…

螺旋のグルーブ 〜冬至の祈りのカタチ〜

今年は、縁あって榛東村の耳飾り館で、夏至と冬至の二本立てでの演奏会が企画された。 まだまだと思っていたら、約一月後には冬至である。 約1時間ほどの演奏を予定しているので、ほぼ通常のライブとなんら変わらない内容だが、榛東村耳飾り館主催なので、な…

妙義神社・夜明け前の空気は別次元だった。。。

一年に一回か二回ほど、何故か眠れないか、夜中に目が覚めてしまうことがある。 それが本日だったのだ。午前3時に目が覚めて、もう眠れない感じなので、妙義神社へ行く事にしたのだ。 しかし、月が明るかった!!! 以前から好きな神社なのだが、物凄く厳格…

えびす太鼓2019

いろいろなシーンで演奏している神楽太鼓。そんな中でも珍しいスタイルのえびす太鼓がある。 「えびす太鼓」は、2001年から始まった。おそらく今までの伝統的なシーンにはありえない新しいスタイルだといえるだろう。地元桐生で、毎年11月20日のえび…

とても珍しいワークショップ情報

今回は、2016年から定期的に行っている高齢者施設でのワークショップを、一般公開して、その内容をみなさんで共有してみよう!という試み。 一応、参加条件は、医療/福祉従事者の方となってますが、『おっ!これは興味があるなあ!」と思われた方は、アーツ…

添田唖蝉坊を演歌する!土取利行邦楽番外地・桐生特別編

11月10日は、桐生に土取さんが登場した!!! 桐生市有鄰館煉瓦蔵で、一部は、添田唖蝉坊が桐生に来て、竹次郎稲荷の社務所にて、松葉を食べて・・・という仙人の様な暮らしをしていたことから、語りが始まった。 小気味良いテンポで添田唖蝉坊さんの時…

二重螺旋の如き即興セッションに!!!

11月4日の昼過ぎから、本所のBIG SHIPにて仕込みが始まった。 知らないうちに、撮られている仕込み風景が、スタッフのあやちゃんから送られて来た。本番の演奏風景は、良く見るのだが、今回は、仕込み風景もなんだかプロローグの様な感じだ。 今回は、フライ…

カナウニワの井戸開き 荒井良二×石坂亥士

10月26日は、都内から前橋に直行だった。 フリッツアートセンターに、カナウニワという絵本の様な空間を作るプロジェクトが進行中で、その一環で、井戸も掘っていて、その水を汲み上げるお祝いに出演することになっていたのだ。 荒井良二さんが井戸の回りの…

11月4日の構想を練る・・・!!!

やはり秋は、何かと演奏の機会が多くなるので、ゆっくり構想を練る時間というのが、大切になってくる。 今日は、片付けをしつつ、11月4日のライブの準備も並行してやっていたのだが、キラリッと閃いた!!! 「グンデールを使おう!!!」と。 インドネシア…

音で繋がる信頼感は、限りなく深い・・・

デルガードさんの紡ぎ出す音と、俺の追求する音は、どこかでリンクしているのだと思えてならない。 こんな音楽家に出会えて、そして、音を重ねることのできるのは、本当に幸せなことだと思う。 先日の10月25日のTOKYO FMホールでの即興セッションの音源…

てらからそらへ 〜地球から宙へ〜 @ TOKYO FM ホール

10月25日は、記憶に残る舞台となった。 エドゥアルド・デルガード ピアノコンサート&うさと座公演。 一部の冒頭部分に、デルガードさんと俺の即興セッションに、沖縄のバレーダンサー・野島友和くんが彩りをそえてくれた。 デルガードさんは、昨年のソロラ…

十二支どどどん!!!完結

10月20日は、山賀ざくろさんの還暦記念公演完結編「十二支どどどん」が上演された。 22歳から60歳までという幅のある出演者陣での構成は、十二支をモチーフにしてはいるものの、基本的には即興なので、楽しい時間でありました。 今回の写真は、父・…

賀茂神社秋季例大祭2019・道開けの舞

賀茂神社の神楽は、上演の順番が3番目まで決まっている!!! 「白黒翁三番叟」「道開けの舞」「岩戸開きの舞」の順番で行って、この後はその時その時で違ってくるのである。 「白黒翁三番叟」で舞台を清め、その後に、この「道開けの舞」なのである。 言わ…

台風襲来の賀茂神社・秋季例大祭宵祭

先週の土曜日は、地元の賀茂神社の秋季例大祭・宵祭りだった。あたかも台風の襲来と重なってしまい、神事のみ行うことになり甥っ子と神社へ向かったのだった。 俺が神楽師になってはや25年。。。雨だからといって、今まで宵祭りの神楽の上演が中止になった…

民族打楽器ピクニックと十二支どどどん!!!

ここ最近は、常に車には民族打楽器ワークショップセットが積まれている。 芸術家と子どもたちのコーディネートで、保育園から、特別支援学級など、多くのワークショップの機会があり、素敵な子どもたちとの出会いが続いている。 毎回、状況や顔ぶれが違う中…

「添田唖蝉坊を演歌する」土取利行・邦楽番外地桐生特別編

今年の正月明けに岐阜に行ったので、少し足を伸ばして、郡上八幡の土取さんの所に顔を出したのが、こんな流れになってしまった。。。 その時の記事を読んでいただければ、今回の経緯が少し分かるかと!!! dragontone.hatenablog.com 添田唖蝉坊さんの事は…

さてさて、今週末は賀茂神社秋季例大祭!!!

最近、心動かされたことがある。車の運転用のサングラスの鼻に当たる部分の部品が取れてしまったので、通りすがりの、眼鏡屋さんに入った。 「これって、直りますか?」と尋ねると。。。 現れた店主さんは、どことなくいぶかし気に俺のことを見つつ、小さな…

CRYSTAL DRAGON in 琵琶湖

なんと、今回の琵琶湖でのセッションに、いつものメンバーが新幹線で駆けつけてくれた! 前日からの流れは、大人の修学旅行という雰囲気で、琵琶湖湖畔の海の家のような場所の大部屋にみんなで雑魚寝というスタイル。 夜は、バーベキューだったので、とても…

秋分の朝

昨日は、琵琶湖の周辺の気になる場所を経由して、初めて比叡山延暦寺へ。 当初の予定では、竹生島へ行く予定だったが、台風の影響で、フェリーが欠航してしまったのだ。 たんたんさんと、ひとみちゃんから連絡があり、延暦寺なら集合となったのだった! 延暦…

日々の楽しみ

演奏以外にも、結構やることがあり、いろいろと楽しみつつ技術の向上につとめている。 練馬区の保育園では、30年ほど前から荒馬という踊りを教えている。 そんな荒馬の太鼓も先生方に教えているので、そのバチの注文がたまってしまい、久々に気合いを入れて…

てらからそらへ(地球から宙へ)

表現者というのは、それぞれが強い個性を持って表現をしているわけで、そんな種類の面々が集まって何かを創り上げていくのは、なかなかに難しいことだと思うのである。 今回の、うさと座も、そんな個性の強い表現者が集結して、ひとつの舞台を創るわけだ。 …

CRYSTAL DRAGONの音の旅路

今度の秋分の日には、琵琶湖の畔にてCRYSTAL DRAGONのライブが開催される。 CRYSTAL DRAGONとは、クリスタルボウルの演奏家である、たんたんさんとの即興セッションのユニットである。 個人的には、重低音強烈振動倍音系のセッションの頂点ではないかと思っ…